FC2ブログ
1
2
6
10
11
12
17
22
23
26
27
28
29
30
31
  03 ,2012

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category: その他のカメ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

佐賀城のお堀のハスとミシシッピアカミミガメ
佐賀城ではかつてはお堀をハスが埋め尽くし花が咲く頃には多くの観覧客が見物に訪れたそうですが、外来種のミシシッピアカミミガメが増えてハスの茎を食べたため、2007年頃にハスは全滅してしまったそうです。そこで2009年に全滅したハスの再生のための実行委員会を発足して、食害をもたらしたとみられる外来種のミシシッピアカミミガメの駆除が行われています。

3月24日にトヨタ自動車の「AQUA SOCIAL FES!!!2012」としてハス再生実行委員会主催の「第1回ミシシッピアカミミガメをつかまえよう。」が行われました。佐賀新聞によると佐賀城公園周辺で行われた外来種の駆除や公園の清掃活動に約100人が参加して、体長20cmほどのミシシッピアカミミガメ5匹を捕獲しました。

2010年7月6日の駆除の様子を伝えるニュース:


佐賀市の電子提言箱に寄せられた「なぜ簡単に殺す方法を選ぶのでしょうか?命を粗末にしないでください。」という意見に対するハス再生実行委員会の回答は、「引き取り手を探すようにご提案をいただいていますので、ご紹介頂ければその方に引き取っていただくことも検討したいと思います。」とのことです。(詳細はこちら)

佐賀城公園管理事務所のブログによると、駆除だけでなく供養祭も行っているそうです。

佐賀新聞の記事からハス再生実行委員会のこれまでの活動:
- 2008年04月30日 佐賀城南堀で県土木事務所が水生生物の捕獲作戦を開始、30日はカメ23匹を捕獲
- 2008年05月20日 佐賀大学農学部の有馬進教授がミシシッピアカミミガメによる食害を予備実験で確認
- 2008年07月24日 県土木事務所が佐賀城南堀でハスの試験栽培を開始、ミシシッピアカミミガメによる食害を調査
- 2009年03月12日 ハス再生実行委員会発足 (正式には5月19日に発足会)
- 2009年08月22日 外来種駆除大会
- 2010年02月09日 佐賀城公園で40~50年ぶりに掘干しを実施
- 2010年03月13日 佐賀城公園南堀で堀底をさらう"ごみくい"とレンコン植え
- 2010年06月27日 先行調査で、ミシシッピアカミミガメ18匹を捕獲
- 2010年07月06日 一斉捕獲作戦の初日はアカミミガメを13匹を捕獲 (2010年は5月中旬から約5カ月間で約300匹を捕獲)
- 2010年08月02日 須磨海浜水族園亀崎直樹園長が視察
- 2010年08月03日 群生が全滅して4年振りにハスの花が咲く
- 2010年08月13日 佐賀城公園南堀のハス保護区画に灯ろうがともされた
- 2010年09月17日 佐賀城公園のお堀で外来種の水生生物オオマリコケムシが異常発生
- 2010年10月30日 外来生物クライシスをテーマにした講演会を開催
- 2011年05月09日 捕獲作業開始(5日間・朝夕2回)、9日夕は13匹、10日朝は6匹捕獲
- 2011年07月14日 佐賀城公園南堀の保護区のハスが開花
- 2011年08月23日 佐賀城南堀にオニビシが繁殖
- 2011年10月02日 佐賀城南堀で15年ぶりにヒシ取り
- 2012年03月24日 ハス再生活動イベントを開催、ミシシッピアカミミガメ5匹を捕獲

リンク:
 ハス再生実行委員会のグログ

スポンサーサイト

24

Category: その他のカメ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ワニガメとカミツキガメ
2012年3月24日の読売新聞が新潟県上越市の農業用水路で体長約80cm、体重約40Kgのワニガメが捕獲されたと報じています。ワニガメ(Macrochelys temminckii)はアメリカ合衆国に生息するカミツキガメ科ワニガメ属のカメで英語名はAlligator snapping turtleです。水深がやや深い河川、湖に生息して、産卵を除いて陸に上がる事はほとんどない完全水生です。動物食傾向が強い雑食です。日本では2000年に改正動物愛護法によりカミツキガメ科が特定動物に指定され、飼育には地方自治体の許可が必要です。

ワニガメ
伊豆アンディランドのワニガメ (2012/1/28撮影)

カミツキガメ科にはワニガメ属のワニガメの他に、カミツキガメ属のカミツキガメ(Chelydra serpentina)がいます。カミツキガメは北米から南米北部まで生息します。こちらも特定動物に指定されています。

カミツキガメ
夢見ヶ崎動物公園のカミツキガメ (2011/11/2撮影)

ワニガメとカミツキガメは日本でもペットとして飼育されていますが、大型になりあごの力も強く凶暴性もあり、飼いきれなくなったカメを放棄する問題が起きています。そのためか、ワニガメやカミツキガメの捕獲が各地で報じられています。

2011年12月20日のカナコロは鎌倉市七里ガ浜の浜辺で見つかった甲長約27cm、甲幅約23cmのカミツキガメについて報じています。

2011年11月29日の日テレNEWS24は東京都足立区の舎人公園の池で見つかった体長50cm超えるワニガメについて報じています。

2011年11月8日のmsn産経ニュースは茨城県龍ケ崎市の牛久沼で見つかった体長1mのワニガメについて報じています。

2011年10月6日のサンスポは東京都渋谷区の鍋島松濤公園の池で見つかった甲長約30cm、甲幅約20cmのワニガメについて報じています。

2011年8月10日の読売新聞は茨城県日立市の市道で捕獲された体長約70cm、甲長約40cm、甲幅約30cmのワニガメについて報じています。

どのニュースでも飼い主が見つかったという報道はありません。ケヅメリクガメやヒョウモンガメのような大型のリクガメの保護のニュースの場合は飼い主が見つかるケースが多いと感じます。この違いは?

リンク:
 ワニガメ研究所

21

Category: ガラパゴス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ZOOLOGYチョコレート ゾウガメ
シーズンオフですがZOOLOGYチョコレートのゾウガメをいただきました。リアルです。ちょっと食べるのに勇気が必要ですね。
甲長は約8cm。亀次郎が我が家に来たときと同じぐらいです。
パーケージに"GEOCHELONE ELEPHANTOPUS"と書かれているのでガラパゴスゾウガメです。

chocolate world zoology

リンク:
 ZOOLOGYチョコレート@新宿タカシマヤ
 ZOOLOGYチョコレート@ルミネ新宿店

関連記事:
 伊豆アンディランド part 3 (2012/2/2)
 上野動物園 (2011/10/31)

20

Category: 野草・野菜

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

野草の採取 part4
今日はお天気で暖かかったので、近所の河川敷で野草を採取してきました。

オオイヌフグリ 20120320d ← オオイヌフグリ

カラスノエンドウ 20120320a ← カラスノエンドウ

シロツメクサ 20120320b ← シロツメクサ

関連記事:
 野草の採取 part3 (2011/9/8)
 野草の採取 part2 (2011/5/8)
 野草の採取 (2011/3/27)

19

Category: リクガメのニュース

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

指宿駅長の小太郎
昨年3月12日の九州新幹線の全線開業に合わせて、JR指宿枕崎線で観光特急「指宿のたまて箱(いぶたま)」が13日から運行を開始しました。そして、指宿(いぶすき)駅にマスコット駅長として就任したのがケヅメリクガメの小太郎駅長(オス、26歳)です。今月17日にいぶたま1周年を記念したイベントが指宿駅を中心に行われ、小太郎駅長もホームでいぶたまをお迎えしました。(2012年3月19日 373news.com)

指宿のたまて箱は2両編成(定員60人)で、鹿児島中央―指宿間を1日3往復です。3月24日からは3両編成の運転が開始になります。

小太郎は指宿市に伝わる竜宮伝説にちなんでマスコット駅長に選ばれました。小太郎駅長は非常勤で、土日やイベントのある日のみ出勤で、普段は指宿市の長崎鼻パーキングガーデンにいます。

鹿児島のローカルテレビ局のMBCテレビの旅番組「列車に乗って」に小太郎が出演します。4月1日10:00~10:15です。

18

Category: 亀次郎

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

最近の亀次郎 part 9
まだまだ寒いですね。今日の亀次郎です。

kamejiro20120318a.jpg ← ケージの外に出せと猛アピール中

kamejiro20120318b.jpg ← 温浴中

kamejiro20120318c.jpg ← リビングを徘徊中

関連記事:
 体重測定 part 7 (2012/3/3)
 最近の亀次郎 part 8 (2011/12/18)

16

Category: アフリカ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ホシヤブガメを森林火災から救出 part2
1月14日のブログで南アフリカのホシヤブガメの救出のニュースをお伝えしました。3月15日の南アフリカのNEWS24によると、南アフリカの西ケープの生物多様性保全のための公的機関ケープナチュラル(CapeNature)はウェリントン(Wellington)近郊の火事から貴重なリクガメを救出するために奔走しています。1月にホシヤブガメ(geometric tortoise)の生息地の80%が焼失しました。ホシヤブガメは西ケープにのみ生息する危険度の高い絶滅危惧種です。ホシヤブガメは1960年代にはケープタウンで絶滅したと考えられていましたが、1972年に少数の個体群が見つかりました。南アフリカのリクガメはすべて法律で保護されています。ホシヤブガメはブレーデリバー渓谷(Breede River Valley)上流とスワートランド(Swartland)の農場で少数が生き残っています。それらの生息地は小麦畑やブドウ畑で囲われています。火事の後で60頭のホシヤブガメが秘密の場所に保護されています。

Breede River Valley
Breede River Valley

関連記事:
 森林火災の危機から救出されたホシヤブガメ (2012/1/14)

15

Category: ヨーロッパ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

爬虫類の密輸 チェコからブルガリアへバスで
2012年3月12日のブルガリアのSofia News Agencyによると、ブルガリアの関税当局は12日、セルビア国境のカロティナ(Kalotina)検問所で、バスの荷物室の鞄から生きた爬虫類などを見つけ、チェコから乗車したブルガリア人を密輸容疑で逮捕しました。当局に押収されたのは、カメ(tortoises) 49匹、カメレオン(chameleons) 15匹、コモドドラゴン(monitor lizards) 6匹、カイマン(caimans) 3匹、ニシキヘビ(pythons) 3匹、サソリ(scorpion) 1匹、カニ(crabs) 6匹、カタツムリ(snails) 10匹、ワームやゴキブリなど。

3月13日のDnes.bgによると押収された爬虫類などはソフィアの動物園で保護されています。この記事には11枚の写真があります。カメは種類はわかりませんが甲長5cmぐらいの淡水亀です。カタツムリが巨大でびっくりしました。こんなカタツムリは初めて見ました。

ブルガリアでも舶来の爬虫類は人気があるのでしょうか?チェコからブルガリアに密輸と言うのが意外でした。

チェコからブルガリアへのバスはユーロラインズ(eurolines)があります。プラハを22:15発でソフィアには翌日の19:00着で58ユーロだそうです。荷物室のカメさんやパイソンさんも疲れたでしょう。

関連記事:
 ブルガリアの民族紛争とヘルマンリクガメ (2011/12/27)
 リクガメの違法取引 (アメリカ) (2011/9/3)

14

Category: 野草・野菜

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

モロヘイヤ 300円@デパ地下
亀次郎の大好物のモロヘイヤをどこかで売っていないかなぁと、デパ地下に行ったら売ってました。佐賀県産で300円。高い。でも買っちゃいました。

モロヘイヤ

関連記事:
 自家製モロヘイヤ part 2 (2011/10/29)
 自家製モロヘイヤ (2011/8/29)
 おくらの新芽 (2011/7/28)
 京のやさい (2011/4/4)

13

Category: リクガメ・スポット&イベント

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

生れました@伊豆アンディランド
伊豆アンディランドで今年もアルダブラゾウガメの赤ちゃんが生まれました。

かわいい赤ちゃんの画像がアンディランドのホームページで公開されています。

伊豆アンディランド
伊豆アンディランド

河津桜
河津桜 (2012/1/29撮影)

■ 追記(2012/4/28)
レップジャパンのブログに伊豆アンディランドで今年生まれたアルダブラゾウガメのベビーの写真が紹介されています。

関連記事:
 ショック! さよならアンディランド (2012/4/28)
 セーシェルから英国に寄贈されたゾウガメのダーウィン (2012/2/29)
 伊豆アンディランド part 3 (2012/2/2)

09

Category: リクガメ・スポット&イベント

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

カメのホウちゃんSOS
横浜の野毛山動物園では3月24日(土)~4月8日まで、「第7回 動物たちのSOS展」を開催します。

3月24・25日、4月7・8日に職員手作りの紙芝居「カメのホウちゃんSOS」を演じます。絶滅の危機にある動物たちについて考えよう。絶滅の危機にあるホウシャガメの子供が、マダガスカルから日本に密輸され、日本のみんなに助けられ故郷に帰るお話だそうです。

紙芝居の様子はのげやま レプ担当のれぷブログ(2011年6月28日)をご覧ください。

08

Category: その他のカメ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

亀の恩返し
アメリカのmyfoxorlando.comが2012年2月28日にウミガメの喉に引っかかった釣り針を外す手術について報じています。

2月26日に海辺の生物や生息環境の保全と研究を目的とした組織のインウォーター研究グループ(Inwater Research Group)がフロリダ州のセントルーシー原子力発電所(St. Lucie Power Plant)の運河の取水口でウミガメを見つけ救出しました。ウミガメは約45Kgの亜成体で、シーワールド・オーランド(SeaWorld Orlando)に搬送され、27日に10cmの釣り針を喉から外す外科手術が行われました。

前額板が2対(4枚)あって甲羅の後ろがギザギザになっているみたいなのでタイマイかな。

竜宮城に連れて行ってくれるかな。玉手箱は開けちゃだめだよ。

07

Category: カナダ・アメリカ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

I'm the Tortoise
アメリカではスーパーチューズデーで共和党の大統領予備選が盛り上がっています。10州での投開票の結果、穏健派のミット・ロムニー・前マサチューセッツ州知事が6州で勝利しました。保守派のリック・サントラム元上院議員は3州で勝利を収めました。地元ジョージアを制したニュート・ギングリッチ元下院議長は、"I'm the Tortoise" と「私はカメです」宣言。まだ、負けは認めない、最後はカメが勝つということでしょうか。アメリカ人は童話「ウサギとカメ」のカメが大好きです。同じカメでも「わたしはドジでノロマな亀です」の松本千秋ではないです。

童話「ウサギとカメ」は、イソップ寓話やラ・フォンテーヌが書いた寓話詩に所収され、世界中で広く知られた物語です。

イソップ寓話は古代ギリシアの寓話作家アイソーポス(紀元前619年 - 紀元前564年ごろ)が作ったとされる、動物寓話を中心とする寓話集です。すべてがアイソーポスの創作ではなく、それ以前から伝えられていた寓話、後世に創作された寓話、アイソーポスの出身地(小アジアのどこか)の民話を基にしたものも多数含まれていると見られています。ギリシア語の原典は失われていて、現存するのは古代及び中世のラテン語訳ですが、これらはキリスト教の価値観が反映されています。日本では、1593年(文禄2年)にイエズス会の宣教師がラテン語から翻訳してローマ字で印刷した『イソポのハブラス(ESOPO NO FABVLAS)』が最初です。その後江戸時代初期から『伊曾保物語』として出版され普及しました。その中で「兎と亀」は日本の昔話として変化していきました。明治になると初等科の国語の教科書に「油断大敵」というタイトルで掲載され一般に知られるようなりました。

また、石原 和三郎(1865年10月12日 - 1922年1月4日)の作詞による「もしもし かめよ かめさんよ せかいのうちに おまえほど あゆみの のろい ものはない どうして そんなに のろいのか」という歌いだしの童謡でも有名です。

「ウサギとカメ」は英語では「The Tortoise and the Hare」で、カメはリクガメ(Tortoise)、ウサギはノウサギ(Hare)です。童話の生れ故郷のギリシャもしくは小アジア(トルコ)に生息するリクカメとしては、フチゾリリクガメ(ギリシャ)、アナムールギリシャリクガメ(トルコ中部)、ヒガシヘルマンリクガメ(ギリシャ西部)が候補になります。ノウサギで候補になるのはヤブノウサギ(European hare)です。

- うさぎとカメ同好会

05

Category: ヨーロッパ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

英国の迷子カメ
英国から迷子ガメが見つかった話を2つ紹介します。

2012年2月8日のMail Onlineは英国イングランド東部のケンブリッジシャー州(Cambridgeshire)の西ウィッカム(West Wickham)で5ヵ月ぶりに庭のフェンスで見つかったヘルマンリクガメ(Hermann's tortoise)のバグジー(Bugsy)について報じています。バグジーは去年の7月にいなくなりました。12月に友人が偶然、庭の下草の中でフェンスに引っかかって動けない状態で見つけました。バグジーは冬眠状態でした。いつもなら9月には穴を掘って冬眠を始めるそうです。

2012年3月3日のEchoニュースは英国イングランド東部のエセックス(Essex)のハルブリッジ(Hullbridge)で一年ぶりに隣家の庭で見つかったリクガメのイゴール(Igor)について報じています。イゴールは昨年6月にいなくなり、飼い主はポスターを張ったりして探しましたが見つかりませんでした。最近、隣人が引越してきて庭を片づけたらイゴールを見つけました。

関連記事:
 迷子のリクガメ part 3 (2011/10/22)
 おむつ着けた迷子カメ (2011/10/1)
 迷子のリクガメ part 2 (2011/8/11)
 迷子のリクガメ (2011/6/25)

04

Category: リクガメのウンチク

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

恐竜時代のカメの新種
スペインの研究者が恐竜時代の新種のカメ(Polysternon isonae)の発見をオンラインジャーナル『Cretaceous Research(白亜紀研究)』に発表しました。

Institut Català de Paleontologia Miquel CrusafontとMuseu de la Conca Dellàとバルセロナ自治大学(Universitat Autònoma de Barcelona)の研究者は、タイプ標本の化石が見つかったスペイン・カタロニア州のIsona I Conca Dellàの地名にちなんでPolysternon isonaeと名づけました。現在のピレネー山脈のあたりは6500~7000万年前の恐竜の化石が豊富に産出します。この地域はTremp盆地とよばれ化石の密集地の一つで、末期の恐竜の骨や足跡や卵などの多くの化石が見つかっています。

また、恐竜だけでなく白亜紀末期の他の脊椎動物(vertebrates)や無脊椎動物(invertebrates)、植物(plants)、菌類(fungi)などの完全な生態系も見つかります。一般的な特徴としてこれらの生態系にはカメ(turtles)も見つかります。甲羅の全体が見つかることはまれです。甲羅の中に骨格の一部が見つかることはさらにまれです。ここ数年、カタロニア州のIsona I Conca Dellàで多数のカメの化石が複数の発掘で見つかっています。

その一つのBarranc de Torrebillesでの発掘で、カメの完全な化石が見つかりました。カメの甲羅は数十枚の甲板で構成されます。重要な点は腹側の甲板(腹甲)がほとんど完全に見つかったことです。この化石の腹甲は古生物学者が重要な関心を示す形態学的特徴を示し、新種Polysternon isonaeとして記載されました。これらの化石は2008年と2009年の夏に実施された掘削で見つかりました。

これまで、Polysternon属では南フランとイベリア半島でP. provincialeP. Atlanticumの2種が知られていました(P. Mechinorumが3種目の可能性があります)。Polysternonは淡水の湖や川の水深の深い水中の環境に順応しています。新種P. isonaeは甲長50cm、甲幅40cmです。化石はBarranc de Torrebillesの大変固い砂岩の地層の間で見つかりました。6500万年以上前のカメが死んだときには、この地層は石化した砂岩(lithified sandstone)ではなく、川の流で洗われて川底に堆積した細砂(fine sand)で、この中でカメの死骸が化石として残りました。

他のカメの種類とは異なり、Polysternonは白亜紀の終わりに恐竜とともに絶滅したようです。Barranc de Torrebillesの付近の地質年代区分のK-T境界(白亜紀と新生第三記の境の大量絶滅)はPolysternon isonaePolysternon属の最後の種の一つであった可能性を示します。

- 新種のカメを記載 (2012/2/24 ,バルセロナ自治大学)
- Polysternon isonae スペイン・ピレーネのIsonaの恐竜時代の新種のカメ (2012/2/27, alphagalileo.org)
- Polysternon isonae, a new species of turtle that lived with dinosaurs in Isona (Spanish Pyrenees) (2012/2/24, ICP)

Journal Reference:
- J. Marmi, Á.H. Luján, V. Riera, R. Gaete, O. Oms, À. Galobart. The youngest species of Polysternon: A new bothremydid turtle from the uppermost Maastrichtian of the southern Pyrenees. Cretaceous Research, 2012; 35: 133 DOI: 10.1016/j.cretres.2011.12.004

Polysternon provinciale plastron
Polysternon provincialeの腹甲の化石 (2009, Ghedoghedo)

Polysternon provinciale skull
Polysternon provincialeの頭骨の化石 (2009, Ghedoghedo)

関連記事:
 カメの化石 (2011/8/24)

03

Category: 亀次郎

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

体重測定 part 7
亀次郎の体重を測定しました。327gです。前回(1/3)から23g増。

いままでの測定結果は、
 2010/04/29 体重 115g, 甲長 78mm
 2011/01/02 体重 161g, 甲長 90mm
 2011/03/06 体重 172g, 甲長 95mm, 甲幅 80mm
 2011/03/21 体重 202g, 甲長 95mm, 甲幅 82mm, 甲高 52mm
 2011/03/26 体重 210g
 2011/04/23 体重 245g, 甲長 102mm, 甲幅 86mm, 甲高 55mm
 2011/06/18 体重 257g
 2011/08/22 体重 267g, 甲長 110mm, 甲幅 94mm, 甲高 58mm
 2011/09/23 体重 267g
 2011/11/06 体重 271g
 2012/01/03 体重 304g
 2012/03/03 体重 327g

kamejiro20120303a.jpg kamejiro20120303b.jpg

関連記事:
 体重測定 part 6 (2012/1/4)
 体重測定 part 5 (2011/11/06)
 体重測定 part 4 (2011/9/23)
 体重測定 part 3 (2011/8/22)
 体重測定 part 2 (2011/6/18)
 体重測定 (2011/4/24)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。