FC2ブログ
2
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
25
26
  04 ,2012

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
30

Category: 野草・野菜

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

リクガメに与えてもいい野草
リクガメに与えてもいいと思われる野草です。だいぶ写真が集まったのでまとめてみました。
※印をつけた野草は『幸せなリクガメの育て方』(監修:田向 健一)の「リクガメに与えてもいい野草」で紹介されている野草です。他の野草はネットで調べてたぶん与えてもよさそうな野草です。

■アカツメクサ(別名:ムラサキツメクサ) Trifolium pratense
アカツメクサ 20110508
マメ科、花期:5~10月、高さ:20~60cm、育成地:道ばた 田のあぜ、帰化植物(ヨーロッパ、西アジア及び北西アフリカ原産)

■アメリカフウロ Geranium carolinianum
アメリカフウロ 20120506
フウロソウ科、花期:3~6月、帰化植物(北アメリカ原産)

■イヌガラシ Rorippa indica
イヌガラシ (2011/5/8)
アブラナ科、花期:4~9月、高さ:20~50cm、育成地:野原 道ばた

■ウマゴヤシ Medicago polymorpha
ウマゴヤシ 20100508 ウマゴヤシ 20120513
マメ科、花期:3~5月、高さ:10~60cm、育成地:道ばた あき地、帰化植物(地中海地方原産)

■オオイヌフグリ Veronica persica
オオイヌフグリ 20120320d
ゴマノハグサ科、花期:2~6月、高さ:10~30cm、育成地:道ばた 田畑、帰化植物(ヨーロッパ原産)

■オオジシバリ(別名:ツルニガナ) Ixeris debilis
オオジシバリ 20120506
キク科、花期:4~5月、高さ:10~35cm、育成地:野原

■オオバコ Plantago asiatica
オオバコ 20100508
オオバコ科、花期:4~9月、高さ:10~40cm、育成地:道ばた

■オニタビラコ Youngia japonica
オニタビラコ 20120430
キク科、花期:5~10月、高さ:20~80cm、育成地:道ばた 畑

■オランダミミナグサ Cerastium glomeratum
オランダミミナグサ 20120504
ナデシコ科、花期:4~5月、高さ:10~30cm、育成地:道ばた 畑

■カラスノエンドウ(別名:ヤハズエンドウ) Vicia sativa subsp. nigra
カラスノエンドウ 20120320a カラスノエンドウ 20120421
マメ科、花期:4~5月、高さ:60~120cm、育成地:山野

■キランソウ(別名:ジゴクノカマノフタ) Ajuga decumbens
キランソウ 20120430
シソ科、花期:3~5月、高さ:5~15cm、育成地:道ばた 草地

■コハコベ Stellaria media
ハコベ 20120421
ナデシコ科、花期:3~9月、高さ:10~20cm、育成地:道ばた 畑

■コマツヨイグサ Oenothera laciniata
コマツヨイグサ  20120506
アカバナ科、花期:7~8月、高さ:20~60cm、育成地:海岸 河原、帰化植物、特徴:閉じた花はオレンジ色。

■コバンソウ(別名:タワラムギ) Briza maxima Linnaeus
コバンソウ 20120513
イネ科、花期:5~7月、高さ:30~70cm

■シロツメクサ(別名:クローバー) Trifolium repens
シロツメクサ 20120421 シロツメクサ 20120320b
マメ科、花期:5~10月、高さ:10~30cm、育成地:道ばた あき地、帰化植物(ヨーロッパ原産)

■スズメノエンドウ Vicia hirsuta
スズメノエンドウ 20120421
マメ科、花期:4~5月、高さ:30~60cm、育成地:野原

■セイヨウタンポポ Taraxacum officinale
タンポポ 20120421a
キク科、育成地:道ばた 野原 あき地 田畑、帰化植物(ヨーロッパ原産)、特徴:タンポポは花を包む総苞(そうほう)の形の違いで種類を区別できる。セイヨウタンポポは反り返える。

■セリ Oenanthe javanica
セリ 20120430
セリ科、花期:7~8月、生育地:湿地 あぜ道 休耕田、春の七草

■タチイヌフグリ Veronica arvensis
タチヌフグリ 20120430
ゴマノハグサ科、花期:4~6月、高さ:10~30cm、育成地:道ばた 田畑、帰化植物(ヨーロッパ、アフリカ原産原産)

■チチコグサ Gnaphalium japonicum
チチコグサ 20120506 チチコグサ 20120513
キク科、花期:5~10月、高さ:5~30cm、育成地:野原、特徴:茎の先端部分にしか花をつけない。

■チチコグサモドキ Gnaphalium pensylvanicum
チチコグサモドキ 20120430
キク科、花期:5~9月、高さ:10~30cm、育成地:道ばた あき地、帰化植物(北アメリカ原産)、特徴:茎頂(けいちょう)だけでなく茎葉(けいよう)の腋にも花をつける。

■トキワハゼ Mazus pumilus
トキワハゼ 20120508
ゴマノハグサ科、花期:4~10月、高さ:5~15cm、育成地:道ばた 庭先

■ナズナ(別名:ペンペングサ) Capsella bursa-pastoris
ナズナ 20120421
アブラナ科、花期:3~6月、高さ:10~40cm、育成地:田畑 野原、春の七草

■ナノハナ(別名:アブラナ、ハナナ) Brassica rapa Linnaeus var. nippo-oleifera
ナノハナ 20120504 ナノハナ 20110508
アブラナ科、花期:2~4月、高さ:30~80cm

■ノゲシ(別名:ハルノノゲシ) Sonchus oleraceus
ノゲシ 20110115
キク科、花期:3~10月、高さ:50~100cm、育成地:野原 道ばた

■ハハコグサ(別名:オギョウ) Gnaphalium affine
ハハコグサ 20120430 ハハコグサ 20120504
キク科、花期:4~6月、高さ:15~40cm、育成地:道ばた、春の七草

■ハルジオン Erigeron philadelphicus
ハルジオン 20100508
キク科、花期:4~6月、高さ:30~100cm、育成地:野原 道ばた、帰化植物(北アメリカ原産)、特徴:蕾(つぼみ)は下を向いて垂れ下る。

■ヒメオドリコソウ Lamium purpureum
ヒメオドリコソウ 20120428
シソ科、花期:3~5月、高さ:10~25cm、育成地:道ばた 畑、帰化植物(ヨーロッパ原産)

■ヘビイチゴ Duchesnea chrysantha
ヘビイチゴ 20120430a
バラ科、花期:4~6月、つる性、育成地:道ばた 田のあぜ

■ヘラオオバコ Plantago lanceolata
ヘラオオバコ 20100502
オオバコ科、花期:6~7月、高さ:40~60cm、育成地:道ばた、帰化植物(ヨーロッパ原産)

■ホトケノザ Lamium amplexicaule Linnaeus
ホトケノザ 20120421
シソ科、花期:3~5月、高さ:10~30cm、育成地:道ばた 畑

■ヤブガラシ Cayratia japonica
dote20110908d.jpg
ブドウ科、花期:6~8月、つる性、育成地:畑 あき地 やぶ

■ヨモギ (別名:モチグサ) Artemisia indica var. maximowiczii
ヨモギ 20120506
キク科、花期:9~10月

■その他
イネ科:エノコログサ ※、イヌムギ ※、スズメノカタビラ ※
キク科:アキノノゲシ ※、ノアザミ ※
ツユクサ科:ツユクサ ※
マメ科:クズ ※

リンク:
 カメエサ辞典 (リクガメジャパン)
 野草・毒草紹介 (カメのいる暮らし)
 季節の野草紹介 (カメのいる暮らし)
 飼育に役立つ野草集 (THE TORTOISE)
 リクガメが食べられる野草 (リクガメと暮らす)
 有毒植物リスト (TORTOISE LAND)
 道ばたに見る春の草たち (市街地の生きもの)
 荒川の植物図鑑 (足立自然にふれあう会)
 妙典の野草 (江戸川放水路の河原に自生する野草についての情報サイト)
 多摩丘陵の植物と里山の研究室

スポンサーサイト



29

Category: ケージ・飼育環境

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

外ベランダのケージ
今日も暑かったですね。亀次郎は外ベランダのケージ(幅180mm)に出しました。夜は室内のケージに帰還します。

kamejiro20120429a.jpg

kamejiro20120429b.jpg

kamejiro20120429c.jpg

関連記事:
 亀次郎の暑さ対策 (2011/7/11)
 ベランダのケージにクローバーを移植 (2011/5/5)
 亀次郎の1周年記念日 (2011/4/24)

28

Category: リクガメ・スポット&イベント

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ショック! さよならアンディランド
伊豆アンディランドのホームページでショッキングなお知らせを見つけました。ちょっとびっくりです。

お知らせの要旨は、下記です。
 ・4月27日でレップジャパンの運営に変わる
 ・8月20日で完全閉園する
 ・12月下旬に新名称・新形態でオープン予定

伊豆アンディランドは、すっぽんの健康食品の『株式会社 宝仙堂』の先代社長がすっぽんへの恩返しとして1986年4月に開園した「日本唯一!カメ専門のテーマパーク」です。

レップジャパンは毎年夏に静岡で日本最大の爬虫類イベント「ジャパンレプタイルズ」を主催している爬虫類・両生類・鳥類・哺乳類などの輸入業者で、代表取締役の白輪剛史さんは、高校生のときに「わくわく動物ランド」に爬虫類好きとして出演、「動物の値段」「動物の値段と売買の謎」の著者で、いろいろな意味で世間の耳目を集める人物です。

今年1月にアンディランドに行ったときにちょっと厳しそうだなとは感じました。カメたちが伊豆の平和な環境で末永く暮らせることを望みます。ちょっと心配です。ラックを売り飛ばすのが目的でないことを望みます。ラックは日本に3頭しかいない貴重なガラパゴスゾウガメの1頭です。日本で民間が保有する唯一のガラパゴスゾウガメです。

izu_andyland_15a.jpg ← ガラパゴスゾウガメのラック

関連記事:
 生れました@伊豆アンディランド (2012/3/13)
 伊豆アンディランド part 3 (2012/2/2)
 伊豆アンディランド part 2 (2012/1/31)
 伊豆アンディランド part 1 (2012/1/30)

27

Category: リクガメのニュース

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

かめかめお散歩会@六甲アイランド公園 (5/3 10:00~)
ぶりくらのホームページかめかめお散歩会のお知らせを見つけました。5月3日10時集合、場所は六甲アイランド公園です。

楽しそうなイベントですが、亀次郎は神戸まではお散歩にいけません。残念。

ゴールデンウイークは亀次郎を近所の河川敷でお散歩デビューさせようかな。

それから、今年はとんぶり@浅草が先行で10月7日、ぶりくら@神戸が10月28日だそうです。

kamejiro20120422b.jpg

24

Category: その他のカメ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ミスジヤマガメとリュウキュウヤマガメ
各社の報道によると、警視庁生活環境課は本日(4月24日)、種の保存法違反などの疑いで、東京都渋谷区の歯科医の男(46)と、世田谷区でペットショップを経営する男(59)と自営業の男(57)ら3人を書類送検したそうです。送検容疑は、経営者の男は去年9月ごろ、ワシントン条約で取引が禁止されている絶滅危惧種の「ミスジヤマガメ」1頭と天然記念物の「リュウキュウヤマガメ」8頭を歯科医の男から無償で譲り受け、「リュウキュウヤマガメ」6頭を自営業の男に渡した疑いです。このうちリュウキュウヤマガメ5頭は既に死んでいたそうです。押収されたカメは横浜市立野毛山動物園で飼育されています。

毎日新聞の記事によると、

ミスジヤマガメはインド東部に生息。警視庁生活環境課が世界自然保護基金を通じ専門家に照会したところ「1975~2010年に世界で12匹しか捕獲と標本の報告がない」と回答があったという。国内で確認されるのは初めて。リュウキュウヤマガメは主に沖縄県に生息しているとされ、75年に国の天然記念物に指定された。

歯科医は「18年前にミスジヤマガメを香港で2万円で買い、靴箱に入れて密輸した。自分の体調が悪くなって飼えなくなり、譲った」と話し、共に容疑を認めている。


nikkansports.comの記事によると

野生生物の取引を監視する非政府組織(NGO)「トラフィックイーストアジアジャパン」によると、ミスジヤマガメは極めて希少で、ワシントン条約で最も絶滅の恐れが高い種に指定されている。国内に持ち込まれた記録はないという。

希少なカメがショップにいる、との情報が環境省に寄せられ発覚した。

カメを保護した横浜市立野毛山動物園の飼育員は「図鑑でしか見たことがなかった。人に慣れた様子で、健康状態も良好だった」と話している。(共同)


日本経済新聞の記事によると、

高田爬虫類研究所の安川雄一郎非常勤研究員によると、ミスジヤマガメはインド東部などに生息。森林伐採の影響で個体数が激減しており、近年は現地での目撃例もほとんどないという。安川研究員は「インドで標本の状態でしか見たことがない。非常に珍しいカメだ」と指摘している。


テレ朝ニュースTBS NEWSiの動画ニュースを見ると、保護されたミスジヤマガメとリュウキュウヤマガメは元気そうです。

NHKの動画ニュースでは野毛山動物園の飼育担当の桐生大輔さんが「リュウキュウヤマガメはオス、メスがそろったので繁殖を視野に入れながら飼育して絶滅の危機から守る活動の手助けになりたい」とコメントしています。桐生大輔さんは2009年に日本で初めてホウシャガメの繁殖に成功してこの業界では有名な方です。

ミスジヤマガメは「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」の法第四条第四項の「国際希少野生動植物種」を定めた別表第二の表二の「三 爬虫綱」の「(五) かめ目」の「いしがめ科」で「メラノケリュス・トリカリナタ(ミスジヤマガメ)」として昭和五五年一一月四日に記載されています。「メラノケリュス・トリカリナタ」が学名、「ミスジヤマガメ」が和名にあたりますが、国際的に通用する学名はMelanochelys tricarinataで、一般的な和名は「ミスジヤマガメ」よりも「ミツウネヤマガメ」のようです。

4月24日にこの事件が報道されてから「亀次郎の日記」のアクセスカウンターが跳ね上がりました。それまでは多い日でも40カウントほどでしたが、4月24日は2405カウントを記録しました。びっくりしました。ブログのアクセス解析で調べたら検索キーワード「ミスジヤマガメ」で検索エンジンから飛んでこられたようです。Googleで「ミスジヤマガメ」で検索すると「亀次郎の日記 ワシントン条約」が表示されていました。今回の事件報道関連の記事を除くと「ミスジヤマガメ」で検索できる記事は「亀次郎の日記 ワシントン条約」ぐらいだったようです。いくら過去に12例しか見つかっていない幻のカメだとしても情報なさすぎです。原因は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」で記載されている和名の「ミスジヤマガメ」ではなく「ミツウネヤマガメ」が一般的だったからのようです。「ミツウネヤマガメ」で検索すればAllAboutの記事などが見つかります。報道でも後発の記事では「ミスジヤマガメ(別名ミツウネヤマガメ)」となっています。

政令で別表を作成するときには専門家がチェックしていると思いますが、他にもいろいろあって、「ホウシャガメ」は「マダガスカルホシガメ」、「ヘサキリクガメ」は「イニホーラリクガメ」と記載されています。これらは古い時代に使われた別名なのでよいのですが、「ホシヤブガメ」が「チズガメ」と記載されていて、これは間違いだと思います。「行政はミスを認めない」とはよく聞きます。それで間違っていてもそのままなのかも。

そもそも和名は学名とは違って、学問規約的に規定された名ではなく、一般に使用されている習慣的な名称なので、一つの種に多くの異なる名がつけられたりします。学名は「国際動物命名規約」で1つの種に対し有効な学名は1つだけです。

ほとんどの報道では容疑者の名前は伏せられ、ペットショップの名前も報じられていませんが、Yomiuri Onlineはペットショップの名前を報じています。世田谷区にはインターネットでも有名な爬虫類と両生類専門のショップがありますが無関係です。

昨年の9月といえば、千葉市動物公園のゲートの付近で段ボールに入ったホウシャガメ2頭が見つかり、段ボールのふたに「ホウシャガメです。動物園で飼って下さい」書かれていた「びっくり ホウシャガメ事件」がありました。この捨てガメ事件の報道がきっかけで、今回の事件で歯科医がカメを手放すことを考えたのかもしれません。

昨年は5月にヘサキリクガメ、ホウシャガメ、ヨツユビガメの密売事件で中野区のペットショップ経営者が、7月にクモノスガメの密売事件で大阪府守口市のペット店の経営者が逮捕されています。(リクガメの違法取引 )

イラストレータのみのじさんオリジナル・カメストラップのシリーズに「ミツウネヤマガメ(Melanochelys tricarinata)」がラインナップされています。また、「世界の亀暦 印度バージョン カベカケ型2011」の11月は「ミツウネヤマガメ(Melanochelys tricarinata)」です。さすがですね。

(追記 2012/5/16)
のげやまレプぶろぐによるとリュウキュウヤマガメが交尾しとそうです。
- リュウキュウヤマガメが交尾をしました (2012/5/13, のげやまレプぶろぐ)
- リュウキュウヤマガメが交尾をしました 続き (2012/5/16, のげやまレプぶろぐ)

リンク:
- ミツウネヤマガメ (AllAbout)
- Melanochelys tricarinata (IUCN SSC)
- Melanochelys tricarinata (IUCN Redlist)
- Tricarinate hill turtle (en.wikipedia.org)
- 種の保存法の解説 (環境省)

関連記事:
 びっくり ホウシャガメ事件 (2011/9/2)
 オオヤマリクガメ (絶滅種) (2011/8/25)
 ワシントン条約 (2011/8/5)
 リクガメの違法取引 (2011/8/3)

23

Category: 亀次郎

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

最近の亀次郎 part 10
週末の亀次郎は温浴してからリビングを徘徊しています。スズメノエンドウはカラスノエンドウに比べて食べづらいのか不人気でした。カラスノエンドウは亀次郎の大好物ですが、そろそろ旬の時期が終わりそうです。亀次郎は旬が過ぎて薹が立つと食べません。

kamejiro20120422a.jpg

スズメノエンドウ 20120421 ← ズズメノエンドウ

カラスノエンドウ 20120421 ← カラスノエンドウ

関連記事:
 野草の採取 part6 (2012/4/21)
 最近の亀次郎 part 9 (2012/3/18)

22

Category: ガラパゴス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

THE世界遺産 ガラパゴス諸島(エクアドル)
「THE世界遺産」(TBS)の今晩の放送は「ガラパゴス諸島(エクアドル)」です。ガラパゴス諸島の名前の由来になったガラパゴスゾウガメについても迫力満点の映像が盛りだくさんだそうです。楽しみです。

- THE世界遺産 (TBS)
- THE世界遺産の公式Facebookページ

21

Category: 野草・野菜

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

野草の採取 part6
曇り空でしたが、今日も近所の河川敷まで野草採取に行きました。八重桜が満開です。

sakura20120421a.jpg

sakura20120421b.jpg ← 八重桜

シロツメクサ 20120421 ← シロツメクサ

アカツメクサ 20110508 ← アカツメクサ

スズメノエンドウ 20120421 ← ズズメノエンドウ

カラスノエンドウ 20120421 ← カラスノエンドウ

ナズナ 20120421 ← ナズナ

ホトケノザ 20120421 ← ホトケノザ

タンポポ 20120421a ← タンポポ

ハコベ 20120421 ← ハコベ

関連記事:
 野草の採取 part5 (2012/4/8)
 野草の採取 part4 (2012/3/20)
 野草の採取 part3 (2011/9/8)
 野草の採取 part2 (2011/5/8)
 野草の採取 (2011/3/27)

10

Category: 家庭菜園

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

クローバーとタンポポの種まき
家庭菜園を始めました。外ベランダのケージに植え替えることを考えて、今年はポットにクローバーと西洋タンポポの種をまきました。

dandelion20120415b.jpg ← 西洋タンポポの種(左)とクローバーの種(右)

dandelion20120401a.jpg ← 種をまいた翌日 (2012年4月1日撮影)

dandelion20120410a.jpg ← 上の3つがクローバー、下の3つが西洋タンポポ (2012年4月10日撮影)

関連記事:
 西洋タンポポの種 (2012/2/17)
 ベランダのケージにクローバーを移植 (2011/5/5)

08

Category: 野草・野菜

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

野草の採取 part5
春ですね。桜が満開です。

sakura20120407a.jpg

週末は近所の河川敷で野草を採取しています。

タンポポ 20120407a ← タンポポ

シロツメクサ 20120407a ← シロツメクサ

関連記事:
 野草の採取 part4 (2012/3/20)
 野草の採取 part3 (2011/9/8)
 野草の採取 part2 (2011/5/8)
 野草の採取 (2011/3/27)

01

Category: ケージ・飼育環境

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

床材の入れ替え part 4
今日、床材を交換しました。3か月ぶりです。今回は「デザートブレンドクラシック 4.4kg」1袋と「デザートブレンド 6.0Kg」を0.2袋ぐらいを2層構造に敷きました。

kamejiro20120401a.jpg

関連記事:
 床材の入れ替え part 3 (2012/1/8)
 床材の入れ替え part 2 (2011/10/08)
 床材の入れ替え (2011/3/26)