FC2ブログ
2
3
4
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  01 ,2013

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
19

Category: 家庭菜園

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ベランダのケージに植えた小松菜
昨年、プランターで育てた小松菜をベランダのケージに植え替えて、そのままにしていたらこんなに成長しました。

komatsuna20130119a.jpg

室内ベランダでひなたぼっこ中の亀次郎に自家製の小松菜を与えたら、こんなきれいに食べちゃいました。年末から葉野菜の値段が高騰しているので助かります。

kamejiro20130119a.jpg kamejiro20130119b.jpg

スポンサーサイト



06

Category: リクガメのウンチク

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

第16回ワシントン条約締約国会議 (2013/3/3-3/14@バンコク) part 2
2013年3月3日から14日までタイのバンコクで開催される第16回ワシントン条約締約国会議では、日本が提案したリュウキュウヤマガメ(Geoemyda japonica)の附属書IIへの掲載が附属書改正提案として討議されます。

リュウキュウヤマガメは、爬虫綱カメ目イシガメ科ヤマガメ属に分類されるカメで、沖縄島北部、久米島、渡嘉敷島に生息する日本固有種で、絶滅危惧種として1975年に国の天然記念物に指定されていましたが、ワシントン条約の附属書には記載されていません。

環境省は、昨年10月4日に、国の天然記念物で絶滅危惧種に指定されている「リュウキュウヤマガメ」が違法に捕獲され海外で販売されているとして、国際的な販売を規制するよう提案する文書をワシントン条約事務局(ジュネーブ)に提出しました。日本がワシントン条約に基づき、野生生物の取引規制を提案するのは初めてです。

天然記念物は「文化財保護法」に基づき文部科学大臣が指定します。所管は文化庁です。国の天然記念物に指定されると、文化庁長官の許可がなければ、採集できないように規制がかけられます。つまり、リュウキュウヤマガメは、国内では国の天然記念物として保護の対象になっていましたが、ワシントン条約の附属書には記載されていないため、海外では輸出入の規制対象として保護されていません。

環境省が所管する貴重な動植物の保存を目的とした法制度として「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」があります。種の保存法では「国内希少野生動植物種」と「国際希少野生動植物種」が定められ、指定種の捕獲や所持・流通等が規制されています。「国際希少野生動植物種」はワシントン条約の附属書Iの記載種が政令で定められます。ワシントン条約の附属書IIおよびIIIの記載種は種の保存法の規制対象にはなりません。また、「国内希少野生動植物種」は日本に生息・生育する絶滅のおそれのある野生動植物の種で、政令で定められます。文化庁が所管する「国の天然記念物」と、環境省が所管する「国内希少野生動植物種」は必ずしも一致しません。オオワシのように国の天然記念物に指定され、かつ、国内希少野生動植物種にも指定されている種もあります。つまり、リュウキュウヤマガメがワシントン条約の附属書IIに記載されても、「国際希少野生動植物種」にはならないため、「国内希少野生動植物種」に指定されなければ種の保存法の規制対象にはなりません。

なお、国の天然記念物を採取・海外へ輸出する場合は、文化財保護法で決められた申請をして、国の許可を得なければなりません。通常は学術研究・繁殖のためなどに限られて許可されます。つまり、現状でも国の天然記念物のリュウキュウヤマガメの採取・海外へ輸出は規制されています。

リンク:
- ワシントン条約附属書への掲載提案について (環境省, 2012/10/5)
- 香港や中国本土での日本固有の爬虫類取引動向 (トラフィック, 2012/10/4)
- 日本固有種のワシントン条約掲載提案 初の取り組み (トラフィック, 2012/10/5)
- 日本初!沖縄固有の野生動物をワシントン条約対象種に提案 (WWFジャパン, 2012/10/12)
- リュウキュウヤマガメ (じゃぷれっぷ)

関連記事:
 第16回ワシントン条約締約国会議 (2013/3/3-3/14@バンコク) (2013/1/5)
 ミスジヤマガメとリュウキュウヤマガメ (2012/4/24)

05

Category: リクガメのウンチク

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

第16回ワシントン条約締約国会議 (2013/3/3-3/14@バンコク)
2013年3月3日から14日までタイのバンコクで第16回ワシントン条約締約国会議が開催されます。締約国会議では各国から提案された71項目の附属書改正提案が討議されます。リクガメ科では、米国からビルマホシガメ(Geochelone platynota)の附属書IIから附属書Iへ移行が提案されています。附属書Iに記載されると商業目的の輸出入は禁止され、附属書Iに記載される前から飼育していても譲渡する場合には環境省への登録が必要になります。登録の手続きは、財団法人自然環境研究センターが行っています。登録には、個体を識別するための体長、体重、性別や写真などの情報を記載した申請書と、取得又は輸入の経緯を明らかにした書類と、その裏付けとなる登録申請個体等が規制適用前に日本に輸入された際の通関書類等規制適用日前に所有していたことを証する原則として公的機関の発行した書類が必要だそうです。「規制適用前に日本に輸入された際の通関書類等」って簡単に手に入るでしょうか。なんか大変そうですね。

sun_shine20110913c.jpg
↑サンシャイン水族館のビルマホシガメ

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」により、ワシントン条約の附属書Iに記載された動植物種が日本に入った場合は、「国際希少野生動植物種」に指定され、国内での流通が規制されます。国際希少野生動植物種の販売や頒布目的の陳列、譲渡し(あげる、売る、貸す、もらう、買う、借りる)は、原則として禁止されています。違反した場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課されます。

ワシントン条約は正式には「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora)」のことで英語名の頭文字でCITESとも呼ばれます。1972年にストックホルムで開催された「国連人間環境会議」において、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保護を図るため、野生動植物の輸出入等に関する条約採択会議の早期開催が勧告され、1973年にワシントンにおいて81か国が参加して「野生動植物の特定の種の国際取引に関する条約採択のための全権会議」が開催され、同年3月に「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」が採択されました。同条約第11条により、締約国会議は2年に1回開催されることになっています。

リンク:
- ワシントン条約附属書改正提案一覧&IUCN/TRAFFICの附属書改正提案分析 (trafficj.org)
- 「ワシントン条約附属書」 -取引が規制される野生生物のリスト (trafficj.org)
- Proposals for amendment of Appendices I and II (CITES.org)
- CITES 変更ノミネート爬虫類・両生類 (Rep Japan)
- ワシントン条約(CITES) (経済産業省)
- 絶滅の危機にある希少な野生動植物の販売や譲渡、捕獲、採取は、原則として禁止されています (政府広報オンライン)
- 国際希少種の登録 (自然環境研究センター)
- 種の保存法の解説 (環境省)
- ワシントン条約該当物品の輸入規制の概要 (税関)
- ワシントン条約に基づく輸出入規制 (JETRO)

関連記事:
 ワシントン条約 (2011/8/5)
 カメ目の分類 (2011/7/26)

01

Category: 亀次郎

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

初日の出
新年明けましておめでとうございます。雲の合間からの初日の出です。右に見えるのは東京スカイツリーです。

new_year_20130101.jpg

亀次郎も新年のご挨拶です。

kamejiro20130101a.jpg