FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
02

Category: リクガメのニュース

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

びっくり ホウシャガメ事件
"捨て子"ならぬ"捨てガメ"のニュースです。しかも、ワシントン条約で商取引が禁止されている附属書Iに記載のホウシャガメ(マダガスカルホシガメ)が、動物園前に捨てられていたというびっくりのニュースです。

2011年9月2日の各紙の報道によれば、8月29日午後7時50分ごろ、千葉市動物公園の北口ゲートの付近を巡回中の守衛が、ホウシャガメ2頭が入った段ボール箱を見つけ警察に通報しました。段ボール箱のふたには「ホウシャガメです。動物園で飼って下さい」と書かれていました。29日は休園日で午前5時ごろ別の守衛が巡回した際は箱はなっかたそうです。ホウシャガメは性別不明で、甲長32cm、体重4Kgと、甲長34cm、体重5Kgの2頭。同園で保護され元気だそうです。千葉東署が動物愛護法違反(遺棄)事件として捜査するとともに、希少な動植物の流通を規制する種の保存法違反の可能性もあるとみて調べています。ホウシャガメはワシントン条約で商取引が禁止されていますが、マニアの間では人気で、1頭数百万円で取引されているとの話もあります。同園には他にも6頭のホウシャガメを飼育していますが、これらも密輸で摘発されたものです。

今年の5月にヘサキリクガメとホウシャガメ(マダガスカルホシガメ)を売ったとして種の保存法違反(譲渡)の疑いで東京都中野区のペットショップ経営者が逮捕され、購入した顧客も書類送検と報道されたので、許可なく違法に購入して飼育していた人が摘発を恐れて手放したのではないかと思います。いずれ足がつくのではないでしょうか。

関連記事:
 マダガスカルの爬虫類の40%は絶滅の危機 (2011/11/11)
 マダガスカルの密猟者 (2011/8/28)
 ホウシャガメを飼っている人はどんな人? (2011/8/8)
 ワシントン条約 (2011/8/5)
 リクガメ・スポット(動物園・水族館) (2011/8/4)
 リクガメの違法取引 (2011/8/3)
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment