FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
31

Category: リクガメ・スポット&イベント

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

上野動物園
新施設「ホッキョクグマとアザラシの海」がオープンしたばかりの上野動物園に行ってきました。行列ができているパンダ舎や「ホッキョクグマとアザラシの海」はスルーして、両生爬虫類館へ。一番人気はガラパゴスゾウガメのタロウくん(推定82歳)。とにかく大きい。1969年2月21日来園で上野動物園の最高齢。ゾウガメとしてはまだ「壮年」だそうです。上野動物園ニュースによると毎年7月下旬から10月下旬まではガラパゴスゾウガメのタロウ(推定82歳)とカメ吉(推定72歳)は屋外の放飼場にいるそうです。2010年7月22日の体重測定ではタロウは173.5キログラム、カメ吉は66.5キログラムだったそうです。両生爬虫類館ではカメ吉はバックヤードにいるようです。タロウの屋外への引っ越しと体重測定の映像です。日本ではガラパゴスゾウガメは上野動物園のタロウとカメ吉と、伊豆アンディランドラックの3頭のみだそうです。3頭ともオスです。カメ吉は鞍型です。

ueno20111029a.jpg ← ガラパゴスゾウガメのタロウくん(推定82歳)

両生爬虫類館の展示スペースでは、マダガスカル島のホウシャガメは同郷のハグルマブキオオトカゲとヨスジオビトカゲと同居しています。両生爬虫類館にはアカアシガメもいます。

ueno20111029b.jpg ← ホウシャガメ

両生爬虫類館の隣のアイアイのすむ森にもホウシャガメの放飼場と室内展示室があります。放飼場では、最近までクロキツネザルのクロちゃんと同居していたそうですが、9月13日にクロちゃんがお亡くなりになられたそうで、このときは1頭のホウシャガメが佇んでいました。ほかのホウシャガメは室内展示室にいました。

ueno20111029c.jpg ← ホウシャガメ

アイアイのすむ森にはワオキツネザルやクロシロエリマキキツネザルなどのマダガスカルの動物を展示しています。アイアイもいます。夜行性です。

ueno20111029e.jpg ← ワオキツネザル

ueno20111029d.jpg ← クロシロエリマキキツネザル

関連記事:
 埼玉県こども動物自然公園 (2011/9/26)
 リクガメ・スポット(動物園・水族館) (2011/8/4)
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment