FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2019

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
18

Category: アフリカ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ライオン vs ヒョウモンガメ
アフリカでケヅメリクガメの次に大きいヒョウモンガメ(leopard tortoise)は、主にサバナ気候やステップ気候の地域で標高3,000メートル以下にあるイネ科の草本や低木からなる草原、サバンナ、乾燥林、有刺植物からなる低木林などに生息します。生息域は、アンゴラ南西部、ウガンダ、エチオピア南部、ケニア、ザンビア東部、ジブチ、ジンバブエ、スーダン南部、スワジランド、ソマリア、タンザニア、ナミビア、ボツワナ、マラウイ、南アフリカ共和国、モザンビーク南部、レソトです。

2011年11月12日のイギリスに新聞 Daily Mailが、興味深いヒョウモンガメと子ライオンの写真と記事を掲載しています。イギリスから来た旅行者がケニアのマサイ・マラ国立保護区(Masai Mara game reserve)でサファリ中に、子ライオンの群れにいたぶられるヒョウモンガメを見つけて写真を撮影しました。ヒョウモンガメは甲羅に閉じこもって難を逃れようとしています。子ライオン達は甲羅にこもったヒョウモンガメをたたいたり、なめたり、こじ開けようとしたりしましたが、何の成果もなく飽きてどこかに行きました。

カメの甲羅の防御力はライオンにも通用するんですね。たいしたものです。

関連記事:
 迷子のリクガメ (2011/6/25)
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment