FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2020

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
19

Category: その他のカメ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オサガメのはく製
奄美大島の瀬戸内町立図書館・郷土館に保存されている世界最大のウミガメ「オサガメ(長亀)」のはく製が研究者から「非常に珍しい」と評価を受けているという2011/11/15付の西日本新聞の記事を見て、オサガメのはく製をネットでさがしてみると結構見つかりました。

流氷科学センター厳寒体験室の流氷総入替 (2012年2月8日, 北海民友新聞社)
2010年秋に紋別沖で捕獲したオサガメのはく製が完成。北海道立オホーツク流氷科学センターで一般公開を始めた。甲長136cm、全長170cm。

甲羅のない巨大ウミガメ オサガメ 奄美にはく製 瀬戸内町 (2011/11/15, 西日本新聞)
奄美大島の瀬戸内町立図書館・郷土館に保存されているはく製のオサガメは1976年、瀬戸内町節子の沖で漁網にかかった。体長約135センチ、胴体の幅約65センチ。オサガメの国内の目撃情報は年10匹前後と少ないが“海亀の宝庫”の奄美大島では同町嘉徳(かとく)の浜で2002年、国内で初めてオサガメの産卵が確認された。

生き生き丁寧に再現 オサガメの剥製完成 (2011/2/4, 大分合同新聞)
2009年に福岡県宗像市の海岸で発見された体長約1・6メートル、重さ80キロのオサガメのはく製の作成を鹿児島県のNPO法人屋久島うみがめ館が大分市横瀬で40年はく製作りを手掛ける迫村吉満さん(75)に依頼、完成した。

「道の駅」紀宝町ウミガメ公園 のオサガメのはく製 (ウミガメ飼育日記)

福井県海浜自然センターのオサガメのはく製 (流れ物通信-Blog版)

愛媛県総合科学博物館のオサガメのはく製 (愛媛県総合科学博物館)

生命の多様性館のオサガメのはく製 (北九州市立自然史・歴史博物館)

●兵庫県・有馬温泉・落葉山上妙見寺のオサガメのはく製 (吉高屋・有馬トピックス)
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment