FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2020

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
12

Category: ガラパゴス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ガラパゴスゾウガメの種の分類
国際自然保護連合(IUNC: International Union for Conservation of Nature and Natural Resources)のTFTSG(Tortoise and Freshwater Turtle Specialist Group)が現存する世界のカメの生物学的分類名と近年の命名の変化や論争をまとめたチェックリスト(Turtles of the World Checklist)を毎年発表しています。2011年版のチェックリストで、ガラパゴスゾウガメ(Chelonoidis nigra)は、9つの島に生息する10種を独立種としています。そのうち、フロレアナ島(Floreana)のC. nigraとフェルナンディナ島(Fernandina)のC. phantasticaの2種は絶滅(Extinct)です。イザベラ島はC. vicinaC. beckiの2種に区別されています。また、ピンタ島のC. abingdoniiは、サンタ・クルス島のプエルト・アヨラのチャールズ・ダーウィン研究所(CDRS)で飼育されているロンサム・ジョージが最後の1頭で野生では絶滅(Extinct in the Wild)です。

Chelonoidis nigra species complex (Galapagos Giant Tortoises)
1) C. nigra, Quoy and Gaimard 1824 (絶滅), Floreana Giant Tortoise, Charles Island Giant Tortoise
2) C. abingdonii, Günther 1877 (野生絶滅), Pinta Giant Tortoise, Abingdon Island Giant Tortoise
3) C. becki, Rothschild 1901, Volcan Wolf Giant Tortoise [Isabela]
4) C. chthamensis, Van Denburgh 1907, San Cristobal Giant Tortoise, Chatham Island Giant Tortoise
5) C. darwini, Van Denburgh 1907, Santiago Giant Tortoise, James Island Giant Tortoise
6) C. duncanensis, Garman in Pritchard 1996, Pinzon Giant Tortoise, Duncan Island Giant Tortoise
7) C. hoodensis, Van Denburgh 1907, Espanola Giant Tortoise, Hood Island Giant Tortoise
8) C. phantastica, Van Denburgh 1907 (絶滅), Fernandina Giant Tortoise, Narborough Island Giant Tortoise
9) C. porteri, Rothschild 1903, Santa Cruz Giant Tortoise, Indefatigable Island Giant Tortoise
10) C. vicina, Günther 1875, Southern Isabela Giant Tortoise, Albemarle Island Giant Tortoise

Map showing the current and extinct species distribution of the Galápagos tortoise by its sub-species.
Map showing the current and extinct species distribution of the Galápagos tortoise by its sub-species.

ガラパゴス諸島のゾウガメについて、最初はインド洋のゾウガメで、船乗り達がそれらのゾウガメを各地の島々に運搬したと考えられていました。1676年にリンネの生物分類体系以前の権威クロード・ペロー(Claude Perrault)は太平洋とインド洋のゾウガメを1つの種としてトーチュデスインデスTortue des Indesと名づけました。1783年、ヨハン・G・シュナイダー(Johann Gottlob Schneider)はすべてのゾウガメ(giant tortoises)をテストゥードインディカTestudo indicaと分類しました。1812年、オーガスト・フリードリッヒ・シュバイガー(August Friedrich Schweigger)はテストゥードギガンテTestudo giganteaと名づけました。1834年、アンドレ・デュメリル(André Marie Constant Duméril)とガブリエル・ビブロン(Gabriel Bibron)はガラパゴスゾウガメ(Galápagos tortoises)を別種として分類してテストゥードニグリータTestudo nigritaと名づけました。

最初の統計的なゾウガメ(giant tortoises)の調査は、1875年に英国博物館(British Museum)のアルバート・ギュンター(Albert Günther)が行いました。ギュンターはガラパゴスから少なくとも5種、インド洋の島々から3種の区別可能な個体群(populations)を確認しました。ギュンターは1877年にガラパゴス(Galápagos)から6種、セーシェル諸島(Seychelles)から4種、マスカリン諸島(Mascarene)から4種に拡張しました。ギュンターは、ゾウガメは単一の祖先の個体群から派生して、かつてあったであろう陸橋を渡ることで拡散したと理論づけました。この理論は後に、ガラパゴスとセーシェル、マスカリン諸島が火山起源の島々で大陸と陸橋で接続されたことがないと反証されました。現在では、インド洋のゾウガメはマダガスカル(Madagascar)を起源とするのに対して、ガラパゴスゾウガメの祖先は南米から伝わってきたと考えられています。

19世紀の終わりに、ゲオルグ・バウアー(Georg Baur)とウォルター・ロスチャイルド(Walter Rothschild)はガラパゴスゾウガメの5種以上の個体群を認めました。1906年、カルフォルニア科学アカデミー(California Academy of Sciences)はガラパゴスで標本を蒐集して、ジョン・ヴァン・デンボルグ(John Van Denburgh)の研究に提供しました。デンボルグはさらに4種の個体群を追加して、15種の存在を提案しました。[1] デンボルグのリストは今でもガラパゴスゾウガメの分類の指針となっています。現在では10種の個体群が存在すると考えられています。[2]

Walter Rothschild on Rotumah, a Galapagos tortoise that he found living in the grounds of an Australian lunatic asylum
Walter Rothschild on Rotumah, a Galapagos tortoise that he found living in the grounds of an Australian lunatic asylum

デンボルグのリストは、10の島に生息する15種で、アルべマール島(イザベラ島)は6つの火山や谷間に生息する6種(becki, microphyes, Güntheri, vicina, species?)に区分しています。
1) Testudo abingdonii Günther 1877, Abingdon Island Tortoise
2) Testudo phantastica Van Denburgh 1907, Narborough Island Tortoise
3) Testudo becki Rothschild 1901, North Albemarle Island Tortoise
4) Testudo ephippium Günther 1875, Duncan Island Tortoise
5) Testudo hoodensis Van Denburgh 1907, Hood Island Tortoise
6) Testudo elephantopus Harlen 1827, Charles Island Tortoise
7) Testudo darwini Van Denburgh 1907, James Island Tortoise
8) Testudo chthamensis Van Denburgh 1907, Chatham Island Tortoise
9) Testudo microphyes Günther 1875, Tagus Cove Tortoise
10) Testudo Güntheri Baur 1889, Vilamil Mountain Tortoise
11) Testudo vicina Günther 1875, Iguana Cove Tortoise
12) Testudo wallacei Rothschild 1902, Jarvis Island Tortoise
13) Testudo porteri Rothschild 1903, Indefatigable Island Tortoise
14) Testudo species? Cowley Mountain Tortoise
15) Testudo species? Barrington Island Tortoise

[1] Van Denburgh, J. (1914). "The gigantic land tortoises of the Galapagos Archipelago" . Proceedings of the California Academy of Sciences, Series 4 2 (1): 203-374 .

[2] Peter Paul van Dijk, John B. Iverson, H. Bradley Shaffer, Roger Bour, and Anders G.J. Rhodin (2011). "Turtles of the World, 2011 Update: Annotated Checklist of Taxonomy, Synonymy, Distribution, and Conservation Status". Turtle Taxonomy Working Group. Chelonian Research Foundation. pp. 33–34. crm.5.000.checklist.v4.2011 .

- Galápagos tortoise (en.wikipedia.org)
- Subspecies of Galápagos tortoise (en.wikipedia.org)
- GALAPAGOS TORTOISES (dcarson)

関連記事:
 ダーウィンとガラパゴスゾウガメ (2012/2/6)
 ゾウガメの島 『ガラパゴス諸島』 (2012/2/5)
 "絶滅した"ガラパゴスゾウガメの種の遺伝的再発見 (2012/1/10)
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment