FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2020

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
27

Category: ガラパゴス

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ガラパゴス初のプライベート・ゾウガメ保護区
エクアドルのホスピタリティ会社レッドマングローブ・ガラパゴス&エクアドル・ロッジ(Red Mangrove Galapagos and Ecuador Lodges)は、ガラパゴス初のプライベート・ゾウガメ保護区を2012年5月にオープンします。

レッドマングローブは、サンタクルス島(Santa Cruz Island)のレッドマングローブ・アドベンチャーロッジ(Red Mangrove Aventura Lodge)から車で短時間で、ガラパゴス国立公園(Galapagos National Park)に隣接した20エーカー(80,940m2)の土地を購入しました。ガラパゴスの97%の土地 (12,683Km2) は国立公園に指定されていて、残り3% (259Km2) が島民の居住区や農地で、居住区があるのは4つの島のみです。

レッドマングローブのオーナーのエルナン・ロダス(Hernan Rodas)は、保護区のための土地の購入は、絶滅の危機にさらされているガラパゴスゾウガメの保護の第一歩と言います。

保護区では、今のところ30頭から40頭のゾウガメの隠れ家となる場所を用意して、ゾウガメが自由に歩き回れるように遮るものは造らず、建物はトイレと雨をよけるひさしのみでギフトショップも造らず、環境への影響は最小限になるようにしています。レッドマングローブ・ゾウガメ保護区は一般には公開しません。レッドマングローブ・アドベンシャーロッジのゲストのみが保護区の草の生えた小道を歩くことができます。

レッドマングローブは種の保存を目的として地元の自然保護団体や国立公園との協力関係を構築していくそうです。

レッドマングローブは、サンタクルス島のアドベンチャーロッジ(Red Mangrove Aventura Lodge)とダイバーズロッジ(Santa Cruz Divers Lodge)とキャンピング(Santa Cruz Camping)、イザベラ島のイザベラロッジ(Isabela Lodge)とダイバーズロッジ(Isabela Divers Lodge)とキャンピング(Isabela Camping)、フロレアナ島のフロレアナロッジ(Floreana Lodge)、エクアドル本土のサマイロッジ(Samai Lodge)を運営しています。

エクアドルの首都キト出発の7泊8日のガラパゴスツアーの料金はUSD$1628(約13万円)です。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment