FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2020

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
29

Category: ヨーロッパ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

セーシェルから英国に寄贈されたゾウガメのダーウィン
セーシェル政府(Seychelles government)は、セーシェルの国立植物園(National Botanical Gardens)と英国のコッツウォルズ野生動物公園(Cotswold Wildlife Park and Gardens)の間で新たに結ばれた環境保全協定の一環として、1頭のアルダブラゾウガメ(giant Aldabra tortoise)をコッツウォルズ野生動物公園に寄贈しました。

2011年12月23日の早朝にダーウィン(Darwin)という名前のオスのゾウガメが英国に到着しました。ダーウィンは、あの有名なチャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)がセーシェルのアルダブラ環礁(Aldabra atoll)の保全を唱えた最初の一人であることにちなんでつけられた名前です。ダーウィンは25歳で体重は143Kgです。ゾウガメの寿命は150歳以上とも言われダーウィンは青年です。

英国駐在のセーシェル観光大使グルジア・ダンロップ(Georgia Dunlop)さんが、セーシェル環境省(Ministry of Environment)とセーシェル観光協会(Seychelles Tourism Board)を後ろ盾として、コッツウォルズ野生動物公園へのゾウガメの寄贈を主導しました。ダーウィンはコッツウォルズ野生動物公園の4頭目のアルダブラゾウガメですが、セーシェル政府から公式に寄贈された最初のゾウガメです。

コッツウォルズ野生動物公園の他の3頭のうち、1頭は20年以上前に個人から寄贈されました。残りの2頭は数年目に税関で没収されたのちに動物公園に提供されました。

コッツウォルズ野生動物公園へのゾウガメの公式な引き渡し式は2月22日に行われました。

意外にも英国ではアルダブラゾウガメの繁殖に成功したことがなく、コッツウォルズ野生動物公園ではダーウィンの加入により繁殖への期待が膨らんでいます。

ちなみに日本では伊豆アンディランドが1993年にアルダブラゾウガメの人工繁殖で繁殖賞を受賞しています。今年も昨年産み落とされた卵からもうすぐ誕生しそうです。

関連記事:
 伊豆アンディランド part 3 (2012/2/2)
 セーシェルゾウガメ (2011/8/27)
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment