FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2020

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
04

Category: リクガメのウンチク

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

恐竜時代のカメの新種
スペインの研究者が恐竜時代の新種のカメ(Polysternon isonae)の発見をオンラインジャーナル『Cretaceous Research(白亜紀研究)』に発表しました。

Institut Català de Paleontologia Miquel CrusafontとMuseu de la Conca Dellàとバルセロナ自治大学(Universitat Autònoma de Barcelona)の研究者は、タイプ標本の化石が見つかったスペイン・カタロニア州のIsona I Conca Dellàの地名にちなんでPolysternon isonaeと名づけました。現在のピレネー山脈のあたりは6500~7000万年前の恐竜の化石が豊富に産出します。この地域はTremp盆地とよばれ化石の密集地の一つで、末期の恐竜の骨や足跡や卵などの多くの化石が見つかっています。

また、恐竜だけでなく白亜紀末期の他の脊椎動物(vertebrates)や無脊椎動物(invertebrates)、植物(plants)、菌類(fungi)などの完全な生態系も見つかります。一般的な特徴としてこれらの生態系にはカメ(turtles)も見つかります。甲羅の全体が見つかることはまれです。甲羅の中に骨格の一部が見つかることはさらにまれです。ここ数年、カタロニア州のIsona I Conca Dellàで多数のカメの化石が複数の発掘で見つかっています。

その一つのBarranc de Torrebillesでの発掘で、カメの完全な化石が見つかりました。カメの甲羅は数十枚の甲板で構成されます。重要な点は腹側の甲板(腹甲)がほとんど完全に見つかったことです。この化石の腹甲は古生物学者が重要な関心を示す形態学的特徴を示し、新種Polysternon isonaeとして記載されました。これらの化石は2008年と2009年の夏に実施された掘削で見つかりました。

これまで、Polysternon属では南フランとイベリア半島でP. provincialeP. Atlanticumの2種が知られていました(P. Mechinorumが3種目の可能性があります)。Polysternonは淡水の湖や川の水深の深い水中の環境に順応しています。新種P. isonaeは甲長50cm、甲幅40cmです。化石はBarranc de Torrebillesの大変固い砂岩の地層の間で見つかりました。6500万年以上前のカメが死んだときには、この地層は石化した砂岩(lithified sandstone)ではなく、川の流で洗われて川底に堆積した細砂(fine sand)で、この中でカメの死骸が化石として残りました。

他のカメの種類とは異なり、Polysternonは白亜紀の終わりに恐竜とともに絶滅したようです。Barranc de Torrebillesの付近の地質年代区分のK-T境界(白亜紀と新生第三記の境の大量絶滅)はPolysternon isonaePolysternon属の最後の種の一つであった可能性を示します。

- 新種のカメを記載 (2012/2/24 ,バルセロナ自治大学)
- Polysternon isonae スペイン・ピレーネのIsonaの恐竜時代の新種のカメ (2012/2/27, alphagalileo.org)
- Polysternon isonae, a new species of turtle that lived with dinosaurs in Isona (Spanish Pyrenees) (2012/2/24, ICP)

Journal Reference:
- J. Marmi, Á.H. Luján, V. Riera, R. Gaete, O. Oms, À. Galobart. The youngest species of Polysternon: A new bothremydid turtle from the uppermost Maastrichtian of the southern Pyrenees. Cretaceous Research, 2012; 35: 133 DOI: 10.1016/j.cretres.2011.12.004

Polysternon provinciale plastron
Polysternon provincialeの腹甲の化石 (2009, Ghedoghedo)

Polysternon provinciale skull
Polysternon provincialeの頭骨の化石 (2009, Ghedoghedo)

関連記事:
 カメの化石 (2011/8/24)
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment