1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2018

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: その他のカメ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ワニガメとカミツキガメ
2012年3月24日の読売新聞が新潟県上越市の農業用水路で体長約80cm、体重約40Kgのワニガメが捕獲されたと報じています。ワニガメ(Macrochelys temminckii)はアメリカ合衆国に生息するカミツキガメ科ワニガメ属のカメで英語名はAlligator snapping turtleです。水深がやや深い河川、湖に生息して、産卵を除いて陸に上がる事はほとんどない完全水生です。動物食傾向が強い雑食です。日本では2000年に改正動物愛護法によりカミツキガメ科が特定動物に指定され、飼育には地方自治体の許可が必要です。

ワニガメ
伊豆アンディランドのワニガメ (2012/1/28撮影)

カミツキガメ科にはワニガメ属のワニガメの他に、カミツキガメ属のカミツキガメ(Chelydra serpentina)がいます。カミツキガメは北米から南米北部まで生息します。こちらも特定動物に指定されています。

カミツキガメ
夢見ヶ崎動物公園のカミツキガメ (2011/11/2撮影)

ワニガメとカミツキガメは日本でもペットとして飼育されていますが、大型になりあごの力も強く凶暴性もあり、飼いきれなくなったカメを放棄する問題が起きています。そのためか、ワニガメやカミツキガメの捕獲が各地で報じられています。

2011年12月20日のカナコロは鎌倉市七里ガ浜の浜辺で見つかった甲長約27cm、甲幅約23cmのカミツキガメについて報じています。

2011年11月29日の日テレNEWS24は東京都足立区の舎人公園の池で見つかった体長50cm超えるワニガメについて報じています。

2011年11月8日のmsn産経ニュースは茨城県龍ケ崎市の牛久沼で見つかった体長1mのワニガメについて報じています。

2011年10月6日のサンスポは東京都渋谷区の鍋島松濤公園の池で見つかった甲長約30cm、甲幅約20cmのワニガメについて報じています。

2011年8月10日の読売新聞は茨城県日立市の市道で捕獲された体長約70cm、甲長約40cm、甲幅約30cmのワニガメについて報じています。

どのニュースでも飼い主が見つかったという報道はありません。ケヅメリクガメやヒョウモンガメのような大型のリクガメの保護のニュースの場合は飼い主が見つかるケースが多いと感じます。この違いは?

リンク:
 ワニガメ研究所
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。