1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: その他のカメ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ミスジヤマガメとリュウキュウヤマガメ
各社の報道によると、警視庁生活環境課は本日(4月24日)、種の保存法違反などの疑いで、東京都渋谷区の歯科医の男(46)と、世田谷区でペットショップを経営する男(59)と自営業の男(57)ら3人を書類送検したそうです。送検容疑は、経営者の男は去年9月ごろ、ワシントン条約で取引が禁止されている絶滅危惧種の「ミスジヤマガメ」1頭と天然記念物の「リュウキュウヤマガメ」8頭を歯科医の男から無償で譲り受け、「リュウキュウヤマガメ」6頭を自営業の男に渡した疑いです。このうちリュウキュウヤマガメ5頭は既に死んでいたそうです。押収されたカメは横浜市立野毛山動物園で飼育されています。

毎日新聞の記事によると、

ミスジヤマガメはインド東部に生息。警視庁生活環境課が世界自然保護基金を通じ専門家に照会したところ「1975~2010年に世界で12匹しか捕獲と標本の報告がない」と回答があったという。国内で確認されるのは初めて。リュウキュウヤマガメは主に沖縄県に生息しているとされ、75年に国の天然記念物に指定された。

歯科医は「18年前にミスジヤマガメを香港で2万円で買い、靴箱に入れて密輸した。自分の体調が悪くなって飼えなくなり、譲った」と話し、共に容疑を認めている。


nikkansports.comの記事によると

野生生物の取引を監視する非政府組織(NGO)「トラフィックイーストアジアジャパン」によると、ミスジヤマガメは極めて希少で、ワシントン条約で最も絶滅の恐れが高い種に指定されている。国内に持ち込まれた記録はないという。

希少なカメがショップにいる、との情報が環境省に寄せられ発覚した。

カメを保護した横浜市立野毛山動物園の飼育員は「図鑑でしか見たことがなかった。人に慣れた様子で、健康状態も良好だった」と話している。(共同)


日本経済新聞の記事によると、

高田爬虫類研究所の安川雄一郎非常勤研究員によると、ミスジヤマガメはインド東部などに生息。森林伐採の影響で個体数が激減しており、近年は現地での目撃例もほとんどないという。安川研究員は「インドで標本の状態でしか見たことがない。非常に珍しいカメだ」と指摘している。


テレ朝ニュースTBS NEWSiの動画ニュースを見ると、保護されたミスジヤマガメとリュウキュウヤマガメは元気そうです。

NHKの動画ニュースでは野毛山動物園の飼育担当の桐生大輔さんが「リュウキュウヤマガメはオス、メスがそろったので繁殖を視野に入れながら飼育して絶滅の危機から守る活動の手助けになりたい」とコメントしています。桐生大輔さんは2009年に日本で初めてホウシャガメの繁殖に成功してこの業界では有名な方です。

ミスジヤマガメは「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」の法第四条第四項の「国際希少野生動植物種」を定めた別表第二の表二の「三 爬虫綱」の「(五) かめ目」の「いしがめ科」で「メラノケリュス・トリカリナタ(ミスジヤマガメ)」として昭和五五年一一月四日に記載されています。「メラノケリュス・トリカリナタ」が学名、「ミスジヤマガメ」が和名にあたりますが、国際的に通用する学名はMelanochelys tricarinataで、一般的な和名は「ミスジヤマガメ」よりも「ミツウネヤマガメ」のようです。

4月24日にこの事件が報道されてから「亀次郎の日記」のアクセスカウンターが跳ね上がりました。それまでは多い日でも40カウントほどでしたが、4月24日は2405カウントを記録しました。びっくりしました。ブログのアクセス解析で調べたら検索キーワード「ミスジヤマガメ」で検索エンジンから飛んでこられたようです。Googleで「ミスジヤマガメ」で検索すると「亀次郎の日記 ワシントン条約」が表示されていました。今回の事件報道関連の記事を除くと「ミスジヤマガメ」で検索できる記事は「亀次郎の日記 ワシントン条約」ぐらいだったようです。いくら過去に12例しか見つかっていない幻のカメだとしても情報なさすぎです。原因は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」で記載されている和名の「ミスジヤマガメ」ではなく「ミツウネヤマガメ」が一般的だったからのようです。「ミツウネヤマガメ」で検索すればAllAboutの記事などが見つかります。報道でも後発の記事では「ミスジヤマガメ(別名ミツウネヤマガメ)」となっています。

政令で別表を作成するときには専門家がチェックしていると思いますが、他にもいろいろあって、「ホウシャガメ」は「マダガスカルホシガメ」、「ヘサキリクガメ」は「イニホーラリクガメ」と記載されています。これらは古い時代に使われた別名なのでよいのですが、「ホシヤブガメ」が「チズガメ」と記載されていて、これは間違いだと思います。「行政はミスを認めない」とはよく聞きます。それで間違っていてもそのままなのかも。

そもそも和名は学名とは違って、学問規約的に規定された名ではなく、一般に使用されている習慣的な名称なので、一つの種に多くの異なる名がつけられたりします。学名は「国際動物命名規約」で1つの種に対し有効な学名は1つだけです。

ほとんどの報道では容疑者の名前は伏せられ、ペットショップの名前も報じられていませんが、Yomiuri Onlineはペットショップの名前を報じています。世田谷区にはインターネットでも有名な爬虫類と両生類専門のショップがありますが無関係です。

昨年の9月といえば、千葉市動物公園のゲートの付近で段ボールに入ったホウシャガメ2頭が見つかり、段ボールのふたに「ホウシャガメです。動物園で飼って下さい」書かれていた「びっくり ホウシャガメ事件」がありました。この捨てガメ事件の報道がきっかけで、今回の事件で歯科医がカメを手放すことを考えたのかもしれません。

昨年は5月にヘサキリクガメ、ホウシャガメ、ヨツユビガメの密売事件で中野区のペットショップ経営者が、7月にクモノスガメの密売事件で大阪府守口市のペット店の経営者が逮捕されています。(リクガメの違法取引 )

イラストレータのみのじさんオリジナル・カメストラップのシリーズに「ミツウネヤマガメ(Melanochelys tricarinata)」がラインナップされています。また、「世界の亀暦 印度バージョン カベカケ型2011」の11月は「ミツウネヤマガメ(Melanochelys tricarinata)」です。さすがですね。

(追記 2012/5/16)
のげやまレプぶろぐによるとリュウキュウヤマガメが交尾しとそうです。
- リュウキュウヤマガメが交尾をしました (2012/5/13, のげやまレプぶろぐ)
- リュウキュウヤマガメが交尾をしました 続き (2012/5/16, のげやまレプぶろぐ)

リンク:
- ミツウネヤマガメ (AllAbout)
- Melanochelys tricarinata (IUCN SSC)
- Melanochelys tricarinata (IUCN Redlist)
- Tricarinate hill turtle (en.wikipedia.org)
- 種の保存法の解説 (環境省)

関連記事:
 びっくり ホウシャガメ事件 (2011/9/2)
 オオヤマリクガメ (絶滅種) (2011/8/25)
 ワシントン条約 (2011/8/5)
 リクガメの違法取引 (2011/8/3)
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。