1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: リクガメ・スポット&イベント

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

野毛山動物園
暖かくなってきたので野毛山動物園に行ってきました。野毛山動物園は横浜市の野毛山公園内に位置する横浜市立の動物園で、入園料は無料、JR桜木町駅から徒歩で15分ぐらい、標高50mの丘陵地にあります。

お目当てはもちろん爬虫類館のカメです。野毛山動物園では密輸で押収されたワシントン条約附属書I記載のホウシャガメ、ヘサキリクガメ、エジプトリクガメ、ハミルトンガメ、インドセタカガメと、附属書II記載のインドホシガメを保護飼育しています。また、繁殖のための技術確立とデータ収集を行い成果をあげています。爬虫類館は昭和46年建築でかなり古い造りです。展示スペースに余裕がなく保護爬虫類は裏の管理通路で衣装ケースで飼育しています。また、繁殖中や調整中のカメは裏の管理通路やサンルームに隔離されていて非公開です。

■ホウシャガメ Astrochelys radiata

マダガスカルの固有種で南部に生息。東インド洋のレユニオン(フランス領)とモーリシャスに移入。ワシントン条約附属書I記載種で商業取引は原則禁止されています。日本でも密輸や違法販売・飼育が摘発されることも多く押収されたホウシャリクガメは日本各地の動物園で保護飼育されています。野毛山動物園では雨期と乾期を再現して餌も季節で変えるなどの工夫により2009年4月に日本で初めて繁殖に成功して日本動物園水族館協会の繁殖賞(人工繁殖)を受賞しました。2011年にも繁殖に成功しています。日本でのホウシャガメの繁殖は野毛山動物園以外では2009年8月のエコカフェ生物多様性研究所付属機関・絶滅危惧種保護センターでの繁殖成功があります。

Radiated tortoise  20120516a ← 成体のホウシャガメ

Radiated tortoise  20120516b ← 2009年4月に日本で初めて誕生したホウシャガメ 2頭のうちの1頭

Radiated tortoise  20120516d ← もう1頭は陰に隠れていました。

この2頭は2011年1月に直腸脱になりましたが適切な手当てで無事回復したそうです。(のげやまレプぶろぐ)

Radiated tortoise  20120516c ← 2011年4月と6月に野毛山動物園で2度目に誕生したホウシャガメ 3頭

2011年4月に生れた2頭は東日本大震災の時に積み重ねた孵卵器の中にいました。突っ張り棒で対策していたため無事に孵化することができたそうです。(のげやまレプぶろぐ)

■ヘサキリクガメ Angonoka yniphora

マダガスカルの固有種で北西部の一部にのみ生息。1980年代の調査では野生の生息数は100~400頭と世界でもっとも絶滅の危機にあるリクガメの一つ。1986年にWWFとジャージー野生生物保護トラストの協力でマダガスカルのアンビジュルアに繁殖場が設立され、8頭をもとに162頭まで繁殖に成功して野生に戻す計画でしたが、1996年76頭が盗まれ、その一部は日本にも密輸されたようです。2004年に大阪府で、2007年に茨城県で業者が摘発され保護されたヘサキリクガメが野毛山動物園に来ました。また、2011年に種の保存法違反の容疑で警視庁が押収したヘサキリクガメ2頭、ホウシャガメ1頭、ヨツユビガメ2頭が野毛山動物園に保護されました。この事件ではヘサキリクガメ2頭が700万円で取引されたとされています。

Angonoka tortoise 20120516a ← ヘサキリクガメ 2頭

Angonoka tortoise 20120516b ← 小さいほうは違法飼育されていた時の環境が悪く甲羅がゆがんでいる

■エジプトリクガメ Testudo kleinmanni

イスラエル南部、エジプト北部、リビア北西部に生息。最大甲長13.1cmとチチュウカイリクガメ属Testudo最小種。野毛山動物園は1992年に自然繁殖で、2001年に人工繁殖でエジプトリクガメの繁殖に成功して日本動物園水族館協会から繁殖賞を受賞しています。

Egyptian tortoise 20120516a ← エジプトリクガメ 2頭

Egyptian tortoise 20120516c ← ローアングルから(エジプトリクガメ 2頭)

Egyptian tortoise 20120516b ← エジプトリクガメ 1頭のアップ

のげやまレプぶろぐ
 2012/07/28 ついに! ヘサキリクガメ交尾
 2012/07/21 ヘサキリクガメの交尾行動
 2011/08/20 仔ガメがいっぱい!!(インドセタカガメ, ハミルトンガメ, ホウシャガメ)
 2011/06/28 ホウシャガメの仔ガメ展示を始めました
 2011/06/06 ホウシャガメ、2度目の繁殖
 2011/06/02 絶滅危惧種のカメ3種を保護しました
 2011/03/31 開園60周年記念手ぬぐい発売です!
 2011/03/22 爬虫類館に春がきた
 2011/02/25 ホウシャガメの仔、脱腸になる
 2010/12/27 足下にわらわら ホウシャガメ
 2010/04/28 4月は繁殖の季節!
 2009/10/03 マダガスカルの至宝たち(ホウシャガメとヘサキリクガメ)
 2009/09/22 ホウシャの仔ガメの成長記 その3
 2009/06/16 ホウシャの仔ガメの成長記 その2
 2009/05/29 ホウシャの仔ガメの成長記 その1
 2009/05/16 大きくなっています!ホウシャガメの仔ガメ

のげやま 動物トピックス
 2010/08/16 エジプトリクガメの卵摘出手術
 2009/07/12 ホウシャガメの恋の季節
 2009/05/09 日本初!! ホウシャガメの繁殖に成功しました
 2009/02/24 3度目の正直なるかホウシャガメの卵 発生中!

トラフィック・イースト・アジア・ジャパン
 2004/12/03 世界一珍しいカメ-ヘサキリクガメ 絶滅・盗難・密輸

関連記事:
 野毛山動物園 part 3 (2015/1/23)
 野毛山動物園 part 2 (2012/8/31)
 リクガメ・スポット(動物園・水族館) (2011/8/4)
 リクガメの違法取引 (2011/8/3)
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。