1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2018

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

Category: マダガスカル

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ヘサキリクガメの繁殖計画
今日はヘサキリクガメ(Angonoka yniphora)のお話です。

ヘサキリクガメはマダガスカルの北西部の一部にのみ生息する固有種で、1980年代の調査では野生の生息数は100~400頭と世界でもっとも絶滅の危機にあるリクガメの一つです。日本では2004年、2007年、2011年に種の保存法違反で押収されたヘサキリクガメが野毛山動物園に保護されました。

Angonoka tortoise 20120905a

野毛山動物園では2011年5月に保護されたヘサキリクガメのペアを繁殖を視野に入れて飼育していたところ、今年7月に交尾が確認されたそうです。二世誕生のニュースが届くとよいですね。

ちなみに5月に野毛山動物園に行ったときには2011年に保護されたペアは公開されていませんでした。おそらくバックヤードのサンルームにいたものと思われます。

ヨーロッパでは、フランスのコタンタン半島西方沖合いに浮かぶチャンネル諸島のジャージー島に本拠地を置くダレル野生生物保全トラスト(Durrell Wildlife Conservation Trust)がヘサキリクガメの生息地のマダガスカルで保護活動を続けています。1986年にマダガスカルでの飼育下での繁殖プログラムを始め、孵化した仔ガメを野生に放亀しています。

2009年と2010年に香港の空港で密輸として押収された13頭のヘサキリクガメ(ploughshare tortoises)はヨーロッパの3つの動物研究機関(ジャージー島のダレル野生生物保全トラスト、イギリス北西部のチェスター動物園、オランダのロッテルダム動物園)に保護され繁殖が試みられています。

ダレル野生生物保全トラストの繁殖プログラムで誕生したヘサキリクガメの赤ちゃん:


リンク:
- Durrell reaches crucial milestone in the battle to save the rarest tortoise in the world (Durrell Wildlife Conservation Trust)
- Rescued Ploughshare Tortoises to Kickstart Breeding Program in Europe (Reptile Channel.com, 2012/8/31)
- Defacing the world's rarest tortoises (BBC Nature, 2011/12/13)
- ついに! ヘサキリクガメ交尾 (のげやまレプぶろぐ, 2012/7/28)
- ヘサキリクガメの交尾行動 (のげやまレプぶろぐ, 2012/7/21)
- 絶滅危惧種のカメ3種を保護しました (のげやまレプぶろぐ, 2011/6/2)

関連記事:
 野毛山動物園 (2012/5/20)
 THE NEW YORKER のヘサキリクガメの記事 (2012/1/20)
 マダガスカルの爬虫類の40%は絶滅の危機 (2011/11/11)
 マダガスカルの密猟者 (2011/8/28)
 リクガメの違法取引 (2011/8/3)
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。