FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
19

Category: リクガメのウンチク

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

リクガメの輸入量
ブログを始めてみてから、リクガメのブログをやっている人が多いことに気づき少し驚いています。そこで日本でリクガメを飼っている人がどれくらいいるのか気になって、リクガメの輸入量について調べてみました。

日本のリクガメ輸入量(頭) (出典:トラフィック イーストアジア ジャパン 2005/10/17)
 1997年 約41,000頭 (43%)
 1998年 約43,000頭 (34%)
 1999年 約36,000頭 (29%)
 2000年 約49,000頭 (30%)

昨年のレポートでは、(出典:トラフィック イーストアジア ジャパン 2010/10/12)

レポートUNEP-WCMCがまとめたCITES Trade Databaseから2007年のワシントン条約対象種の世界の生きた爬虫類取引を見ると、323種が国際取引されており、そのうち日本は約58%にあたる188種を輸入している。
このうちインドホシガメGeochelone elegans、ギリシャリクガメTestudo graecaといったリクガメについては、
2007年の輸入量は日本が世界1位である。またリクガメ科全体については、米国に次いで2位である。
2007年より前のデータを見てみると米国とともに2位あるいは1位であることがほとんどであり、リクガメに関して日本は世界最大規模の輸入国であると言える。

世界の生きたリクガメ(リクガメ科)の輸入頭数(2007年)
 米国20%, 日本16%, スペイン8%, 英国7%, 香港6%, その他43%


となっていますが、このレポートでは占有率のデータのみで輸入頭数の数字がありません。CITES Trade Databaseで調べればわかるかもしれませんが今回はこの辺で。

おまけですが、下記に中東から輸入したギリシャリクガメの1ロット(200頭)の写真が出ています。輸入業者はこんな単位で取引しているですね。
http://repjapan.exblog.jp/11834253/ (Rep JAPAN 2009/12/24)

おまけついでにマケドニアから輸入されたヘルマンリクガメの写真です。
http://repjapan.exblog.jp/13875208 (Rep JAPAN 2010/12/25)

関連記事:
 ブログはじめました。 (2011-03-21)
スポンサーサイト



Comments

貴重なデーターありがとうございます。
ずいぶんたくさんのリクガメが輸入されてるんですね。
びっくりしました。
No title
コメントありがとうございます。うれしいです。

海外から日本に毎年、何万頭も輸入されているなんて驚きですよね。
リクガメは長生きする生き物なので飼い主には責任もって育てていただきたいですよね。
私も、亀次郎を幸せにしてあげないと。まだまだ、未熟者ですがよろしくお願いします。

Leave a Comment