1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

Category: リクガメのウンチク

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

第16回ワシントン条約締約国会議 (2013/3/3-3/14@バンコク) part 2
2013年3月3日から14日までタイのバンコクで開催される第16回ワシントン条約締約国会議では、日本が提案したリュウキュウヤマガメ(Geoemyda japonica)の附属書IIへの掲載が附属書改正提案として討議されます。

リュウキュウヤマガメは、爬虫綱カメ目イシガメ科ヤマガメ属に分類されるカメで、沖縄島北部、久米島、渡嘉敷島に生息する日本固有種で、絶滅危惧種として1975年に国の天然記念物に指定されていましたが、ワシントン条約の附属書には記載されていません。

環境省は、昨年10月4日に、国の天然記念物で絶滅危惧種に指定されている「リュウキュウヤマガメ」が違法に捕獲され海外で販売されているとして、国際的な販売を規制するよう提案する文書をワシントン条約事務局(ジュネーブ)に提出しました。日本がワシントン条約に基づき、野生生物の取引規制を提案するのは初めてです。

天然記念物は「文化財保護法」に基づき文部科学大臣が指定します。所管は文化庁です。国の天然記念物に指定されると、文化庁長官の許可がなければ、採集できないように規制がかけられます。つまり、リュウキュウヤマガメは、国内では国の天然記念物として保護の対象になっていましたが、ワシントン条約の附属書には記載されていないため、海外では輸出入の規制対象として保護されていません。

環境省が所管する貴重な動植物の保存を目的とした法制度として「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)」があります。種の保存法では「国内希少野生動植物種」と「国際希少野生動植物種」が定められ、指定種の捕獲や所持・流通等が規制されています。「国際希少野生動植物種」はワシントン条約の附属書Iの記載種が政令で定められます。ワシントン条約の附属書IIおよびIIIの記載種は種の保存法の規制対象にはなりません。また、「国内希少野生動植物種」は日本に生息・生育する絶滅のおそれのある野生動植物の種で、政令で定められます。文化庁が所管する「国の天然記念物」と、環境省が所管する「国内希少野生動植物種」は必ずしも一致しません。オオワシのように国の天然記念物に指定され、かつ、国内希少野生動植物種にも指定されている種もあります。つまり、リュウキュウヤマガメがワシントン条約の附属書IIに記載されても、「国際希少野生動植物種」にはならないため、「国内希少野生動植物種」に指定されなければ種の保存法の規制対象にはなりません。

なお、国の天然記念物を採取・海外へ輸出する場合は、文化財保護法で決められた申請をして、国の許可を得なければなりません。通常は学術研究・繁殖のためなどに限られて許可されます。つまり、現状でも国の天然記念物のリュウキュウヤマガメの採取・海外へ輸出は規制されています。

リンク:
- ワシントン条約附属書への掲載提案について (環境省, 2012/10/5)
- 香港や中国本土での日本固有の爬虫類取引動向 (トラフィック, 2012/10/4)
- 日本固有種のワシントン条約掲載提案 初の取り組み (トラフィック, 2012/10/5)
- 日本初!沖縄固有の野生動物をワシントン条約対象種に提案 (WWFジャパン, 2012/10/12)
- リュウキュウヤマガメ (じゃぷれっぷ)

関連記事:
 第16回ワシントン条約締約国会議 (2013/3/3-3/14@バンコク) (2013/1/5)
 ミスジヤマガメとリュウキュウヤマガメ (2012/4/24)
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。