1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: リクガメ・スポット&イベント

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

熱川バナナワニ園
熱川バナナワニ園に行ってきました。熱川バナナワニ園は伊豆の熱川温泉にある動植物園で、温泉熱を利用してワニや熱帯性植物を飼育・栽培しています。

ワニとバナナだけでなく別園にはアルダブラゾウガメもいます。1988年9月30日にセーシェル共和国からアルダブラゾウガメ4頭が寄贈されたそうです。

先日、野毛山動物園の「れぷブログ」で気になる記事を見つけました。2012年11月28、29日に熱川ハイツで開催された第24回日本動物園水族館両生類爬虫類会議のときの熱川バナナワニ園の見学記事で、ゾウガメの写真に「こちらは癒しのゾウガメたち。アルダブラ、ガラパゴス両ゾウガメです。」と説明がありました。「えぇー。熱川バナナワニ園にガラパゴスゾウガメがいるの?」「日本にいるガラパゴスゾウガメはiZooのラックと上野動物園のタロウとカメ吉の3頭だけじゃないの?」ということで確認してきました。

atagawa20130316a.jpg
↑ 熱川バナナワニ園のゾウガメ舎

atagawa20130316b.jpg ← ゾウガメ舎の説明書き、これが混乱の原因?

ガラパゴスゾウガメとアルダブラゾウガメの見分け方は、項甲板があるのがアルダブラゾウガメでないのがガラパゴスゾウガメです。

atagawa20130316c.jpg
↑ 疑惑のゾウガメ。上から見ると項甲板がないようにも見えますが、下から見ると項甲板があります。

飼育員さんがいたので聞いてみました。現在、熱川バナナワニ園にいるゾウガメはすべてアルダブラゾウガメだそうです。でも、10年くらい前まではガラパゴスゾウガメがいたそうです。説明書きはそのときのままになっているので誤解されるとのこと。ここでなんと、飼育員さんが保存してあるガラパゴスゾウガメの甲羅を持ってきてくれました。

atagawa20130316d.jpg ← ガラパゴスゾウガメの甲羅

atagawa20130316e.jpg ← 項甲板はありません

atagawa20130316f.jpg ← 甲羅の内側。背骨(脊椎)が背甲と一体になっています。肋骨が扇状に横方向に開いて背甲になった様子がわかります。

atagawa20130316g.jpg ← シャムワニ

atagawa20130316h.jpg ← ニシレッサ-パンダ

関連記事:
 iZoo(イズー) (2013/3/23)
 タロウとカメ吉 (2012/8/5)
 伊豆アンディランド part 3 (2012/2/2)
 リクガメ・スポット(動物園・水族館) (2011/8/4)
スポンサーサイト

Comments

リンクを張らせていただきました
はじめまして。
リクガメは飼ったことないのですが、亀全般が好きなのでとても興味深いです。

亀松NETにリンクを張っていただいているようで、ありがとうございます。
亀松BLOGのトップページからリンクを張らせていただきました。
これからもよろしくお願いします。
亀松さん、こんにちは。いつも亀松さんのブログを読ませていただいています。また、亀観賞スッポットと狛亀・亀像スポットは全国をまわられていてうらやましいです。私もリクガメスポットをもっとまわりたいと思っています。これからもよろしくお願いします。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。