1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28

Category: リクガメのウンチク

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

カメの化石 (アメリカ自然史博物館)
アトラスゾウガメ(Megalochelys atlas).。潜頸亜目の絶滅種で、中新世から更新世に生息。甲長2.1m, 全長2.5 から2.7 m。
AMNH20141114c

メイオラニア (Meiolania)。人類時代初期まで現在のオーストラリアやニューギニアに生息していた大型の陸棲ガメ。学名は「小柄な放浪者」を意味する。甲長1m、全長は2mにも達し、陸生ガメとしては最大級。
AMNH20141114d

スチュペンデミス(Stupendemys geographicus)。新生代中新世から鮮新世にかけての南アメリカ大陸に生息した、絶滅したカメの属の一つ。爬虫綱 - カメ目 - 曲頸亜目に属する。史上最大級とされるカメの一つ。甲長は最大で約2m40cm。
AMNH20141114f

プロガノケリス (Proganochelys)。中生代三畳紀後期の約2億1,000万年前に生息していたカメ。爬虫綱・双弓亜綱・カメ目。全長約1m、甲長約60cm。
AMNH20141114e

ガラパゴスゾウガメのはく製。
AMNH20141114g
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。