FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2019

ヒガシヘルマンリクガメの亀次郎の日記と世界のリクガメの情報


カウンター
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
おすすめの本
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
25

Category: リクガメのウンチク

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オオヤマリクガメ (絶滅種)
オオヤマリクガメは、徳之島、沖縄島、伊江島、宮古島、与那国島から発見されているリクガメ科の絶滅種。甲長は最大50cm。東南アジアに分布するムツアシガメ属の2種と沖縄諸島の固有種リュウキュウヤマガメに近縁な新種として記載されている。琉球列島にはほんの数万年前まで在来のイシガメ科3種(セマルハコガメ、ミナミイシガメ、リュウキュウヤマガメ)にに加え、現在では絶滅してしまったイシガメ科5種とリクガメ科1種が分布していたが、更新世の終わり(およそ1万年前)にその多くが急速に絶滅したと考えられている。

オオヤマリクガメの頭骨化石
↑ 沖縄県南城市から発見された後期更新世の絶滅種オオヤマリクガメの頭骨化石

化石発掘調査の様子 ← 沖縄県南城市における化石発掘調査の様子

■ 琉球列島に分布する在来性陸生カメ類 (1科3属3種)
  リウキュウヤマガメ Geoemyda japonica 沖縄諸島の固有種
  ヤエヤマイシガメ Mauremys mutica kami 八重山諸島の固有亜種
  ヤエヤマセマノレハコガメ Cuora flavomarginataevelynae 八重山諸島の固有亜種

■ 関連リンク
- 琉球列島の更新世陸生脊椎動1Mm化石 -とくに陸生カメ類についての分類学的研究- (高橋 亮雄, 琉球大学, 2009年)
- 琉球列島の更新-世カメ類化石についての分類学的研究 (高橋 亮雄, 琉球大学, 2008年)
- 宮古島天川洞から産出した後期更新世イシガメ類化石の分類学的再検討 (高橋/太田/大塚, 琉球大学, 2006年)
- 沖縄島における第四紀脊椎動物化石包含層の14C年代 (大塚/中村/太田, 名古屋大学, 2004年)
- リュウキュウヤマガメ@沖縄・高江 (ゆんたく高江)
- 日本に生息するリクガメ? (カメのいる暮らし)
- 沖縄本島の化石集 (沖縄の化石)

■ 参考文献
-  『カメのきた道―甲羅に秘められた2億年の生命進化』(平山 廉, 日本放送出版協会)
■ 関連記事:
 カメの化石 (2011/8/24)
 ビルマムツアシガメ (板橋区熱帯環境植物館) (2011/7/23)
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment